2018年09月05日

台風21号の大きな爪痕

180905.jpg
【写真は産経ニュース Web版から(先日通った関西空港連絡橋がこんな事になるなんて)】

台風一過で良いお天気となりましたが、お隣の大阪や神戸などでは、甚大な被害が出ました。
映像見てビックリです。屋根は飛ぶは車は転がるは。
まさしく最強の台風が残した爪痕です。

さらに関西空港が高潮の被害と、タンカーが連絡橋にぶつかる事故で、完全に封鎖となりまさしく孤島となってしまいました。
つい先日、奄美帰省で利用した関西空港が、こんな姿になったしまったことに、驚きとショックでニュースを見ていました。
空港って旅行やビジネスでの、出発や到着の場。
日常とは違う雰囲気が大好きなのですが、正常回復までかなりの時間がかかりそうです。

そして被害は私の身内にも起きていました。
今夜、剣道の稽古中に、奄美の母から携帯が鳴った。
台風の最中も、その後も、「大丈夫か?」と心配で電話して来た母。

しかし、今回は私の心配ではなく、大阪の姉の心配だった。
何度電話しても繋がらないと言う。
そこで、私も家に帰ってから、姉の携帯に電話をかけた。
だが、コールは鳴るものの、電話に出ない。

そこで、旦那の携帯に電話。
するとこちらはすぐに電話に出た。
「大丈夫ですか?」と私が聞くと、半笑い状態で「大丈夫じゃないよ〜〜〜〜」と返って来た。

聞くと、隣の団地の屋根が飛ばされ、自分の車に落ちて来たらしい。
お陰で車は大破。もうどうして良いかわからない状態で、笑うしかないと言う。
そして姉に変わってもらったが、姉もずっと停電しているので、かなり疲れているようでした。

それでも、家族3人が無事なのが何よりで、前向きに考えるしかない。
そんな話をして「大変だけど、頑張って」と電話を終えた。

今回の台風のニュースを見て感じたことがある。
最強の台風で、猛烈な暴風が予想されることを、テレビでも伝えていた。
不必要な外出は控えるように、散々伝えられていたと思う。
それなのに、なぜ台風の最中に外出するのか?

仕事もあるだろう。
しかし台風が過ぎ去る2〜3時間の間、じっと待つことができなかったのだろうか?
また会社も台風が過ぎ去るまでの間を、待機時間として指示できなかったのか?

トラックなどが横転する映像を見ると、車を走らせていなければ、こんなことにならなかったのにと思う。
無理に車を走らせて、道路上で横転することで、さらなる被害が広がる。
また、復旧の妨げになる。

やはり台風を舐めていたのだと思う。
私は幼い頃から、台風の怖さを身にしみてわかっている。
特に猛烈に吹き荒れる風の怖さは、嫌という程わかっている。
だから、台風の時には、極力外に出ない。

今回は、特に猛烈な風が予想されるので、家も雨戸を閉めて、家から一歩も出なかった。
唯一、雨戸の無い仕事部屋の北側の窓から、外の様子を見ながら仕事をしていました。

今回の台風で、本当の台風の怖さを、みんな知ったと思います。
台風が来たら、建物の中に避難して、外には出ない。
これが基本です。

それにしても、今回の台風は桁外れでした。
関西空港を始め、大阪の1日も早い復旧を願います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。