2018年08月17日

次女の夏休み工作

180817.jpg
【次女の夏休みの工作】

娘たちの夏休みも、2/3ほど過ぎた。
そろそろ宿題を終わらせる時期に来ている。
一応2人とも、宿題はほぼほぼ目処がついているようだ。

問題は、長女は自由研究。
そして次女は工作。
どちらも何をするか、何を作るかで悩んでいる。

長女はなんとか自力でできそうだが、次女はちょっと難しい。
そこで、私がネットで調べて、作れそうな物をプリントアウト。
早速やる気になった次女だが、いざ作るとなると、やはり難しい。

そこで最初だけ私が・・・・。
作り始めたら、結局私の夏休みの工作になってしまった(^^;)
一応、次女ができるところは、次女に作業をさせたが、8割私の工作になった(笑)

まぁ、大人が作っても難しかったので、次女ではやはり無理だったろう。
これが小学3年生の工作として紹介されていた。
いや、小学3年では難しいのではないか?
作ってみての感想です(^^;)

作ったのは、ペットボトル製のプルバック自動車。
車を持って後ろに引っ張ると、前に走り出す車です。
本体は500mlのペットボトル。
タイヤはペットボトルの蓋。

作る前に、ペットボトルの蓋では、タイヤが滑って進まないのでは?と思ったので、次女を連れてホームセンターに行って、テープ付きのゴムを購入して来た。
ペットボトルの蓋のタイヤに巻きつけました。

何とか走るけど、思ったような出来ではありません。
やはり難しいです。
もう一度作り直したら、もっと上手く出来る気もするけど(^^;)

最後は次女がデコレーションをして完成。
次女は自分が作った気でいます(笑)
でも、馬鹿正直だから、先生に聞かれたら、きっと「お父さんが作ってくれた!!」って言うでしょうね(--;)

小学低学年の夏休みの工作って、どうしたって子供だけでは作れない。
よほど器用な子でないと、難しいでしょうね。
本当は子供に説明しながら、作らせたら良いのでしょうが、そんなことしていたら、きっと2〜3日必要な気がする。
もし、余裕があれば、次女に説明しながら、もう一度作ってみるか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:23 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。