2018年07月25日

学校にもエアコン必須の時代

180725.jpg

連日暑い日が続いています。
35とか36℃とか、もう当たり前の数字に見えてきました。
37℃も普通に見えて来るから、慣れって怖いです。

奈良盆地は空気が溜まるので、本当に蒸し暑い。
気温以上に、この湿度が体力を奪う。
熱中症も気温と湿度が高いことによって起こるようです。

先日、ネットニュースで奈良県のことが出ていた。
学校のエアコンの普及率が、奈良県は極めて低いとのこと。
確かに我が市の小学校もエアコンは付いていない。

昔はエアコンなしでも、窓を開けてなんとか授業ができたと思う。
しかし、近年のこの暑さは、やはり授業どころではない。
学校にもエアコンを設置していかないと、子供たちは勉強もできないと思う。

今年のこの酷暑で、国も学校にエアコンを設置する方向性を打ち出した。
これで奈良県の学校にも、エアコンが設置されていくのだろう。

しかし、我が市の小学校は、今エアコンの設置工事が始まっている。
市長の判断で、全ての小学校にエアコンを設置することに決まった。
この夏休みで、全ての小学校にエアコンが設置される。
市長に先見の目があったということですね。

ただ、中学校に関しては、今年は無理のようです。
おそらく予算の問題でしょう。
中学校は来年以降になるのでしょうね。

昔は学校にエアコンなんて、贅沢というイメージでした。
しかし、快適な環境で勉強できなければ、子供達の学力も上がりません。
今やエアコンの無い施設なんて、考えられません。

私だってクーラーなければ、とても仕事はできない。
どこの会社だって、クーラー点けて仕事をしている。
クーラーなしで仕事していたら、効率も悪いし、とても仕事になりません。

本来、夏休みは暑くて勉強ができないから、40日間という長期休みになっている。
エアコンつけて、勉強ができる環境になったら、夏休みも短くなるのだろうか?
すでに一部の地域では、8月の20日ごろから学校が始まるところもある。

これから学校のエアコン設置が増えていけば、夏休みにも変化が出て来るのでしょうね。
長い長い夏休み、子供の頃には本当に嬉しかった夏休み。
毎日、扇風機で暑さをしのいでいた夏休みも、もう戻らない思い出です(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。