2018年06月29日

なんとか決勝トーナメントへ

180629.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

昨夜は日本中でテレビに釘付けになっていたのではないでしょうか?
そういう私も釘付けになっていました(笑)
日頃はサッカー観戦も野球もほぼほぼ見ないのですが、やはりW杯だけは違いますね。

ましてや日本代表が決勝トーナメントに行けるかどうかの試合です。
どうも私がリアルタイムで応援すると、負けることが多いので、どうしようか戸惑ったのですが、結局最後まで見ていた。
結果的に決勝トーナメントに進出できたので、良かったけど、なんとも消化不良の試合でした。

なぜ途中から日本が攻めなくなったのか、最初は訳が分からず見ていました。
「なんで攻めないんだ?」と思っていたら、解説でセネガルがコロンビアにリードされているという情報。
このままセネガルが敗れると、日本の決勝トーナメントが決まる。
つまり、日本はこれ以上点を取られないことが大事。

そして反則を取られることもマズい。
日本とセネガルは得点差も、失点差も同率。
さらに、直接対決も引き分け。
全ての面で同率になっている。

最後はイエローカードの数が少ない方が勝利。
日本は4枚、セネガルは6枚。
イエローカード2枚の差で、日本が有利に立っている。

このまま失点もイエローカードも出ないように、ただただパス回しで時間を稼ぐ。
でも、もしセネガルが点を入れたら、その時点で日本は敗退する。
そんなリスクがありながらも、西野監督はこの作戦を選んだ。

途中から会場はブーイングに包まれる。
それでも、淡々とパスを回す日本選手。
そして、ポーランドも攻めて来ない。

ポーランドもこのまま終われば勝ち。
元々決勝トーナメントには出れない。
互いのチームの利点が一致した。

今回の日本の作戦に、海外からも国内からも、批判と評価の意見が二分している。
確かに見ていて気持ちの良いものではない。
しかし、これも勝ちにこだわる上での作戦でもある。

本当は最後の最後まで、点を取りに行って欲しかったが、結果として決勝トーナメントに進めた。
これは西野監督の判断が正しかったと言えます。
もし点を取りに行って、逆にカウンター食らって、失点したり、イエローカードを取られたりしたら、そこで終わっていた。
何もルールを破っているわけではない。
野球で言えば、敬遠をしているようなもの。
戦略の一つなのだと思う。

消化不良の試合だったが、決勝トーナメントに進んだので、次も頑張って欲しいですね。
決勝トーナメントの最初の相手は、ベルギーです。
FIFAランキング3位の超強豪です。
そして予選では無敗で勝ち進んでいます。

しかし、今回のW杯は何が起きるか分からない。
日本に勝ち目がないわけではない。
次の試合もみんなで応援しましょう。

頑張れニッポン!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:03 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。