2018年06月20日

子供達の安全が第一

180620.jpg
【雨の通学路 ブロック塀の横を通る子供達】

雨、雨、雨。

今日は一日中雨でした。
朝は特に雨が強くて、学校の前で立哨していたら、雨でズボンがビチャビチャに。
登校してくる子供達も、傘をさしているのに、ほぼずぶ濡れで登校して来ました。

日中は少し雨が弱まったりしましたが、夕方からまた雨が強くなる傾向。
夜は剣道の稽古の予定でしたが、警報が出たため中止となりました。

今年の梅雨は、確実に陽性の男型です。
降る時に一気に降る。

梅雨時期なので、雨は降ってもらわないと困ります。
ただ、恵みの雨も強すぎると災害を引き起こす。
地震で被害の大きかった大阪北部では、まだまだ復旧が進んでいない。
その意味でも、強すぎる雨は避けてほしいものです。

こちらでは大きな余震はありません。
小さな揺れは何度かありました。
でも、油断は禁物です。

大阪高槻市で起きた、学校のブロック塀が倒れた事故。
9歳の女の子が犠牲になってしまいました。
安全確保された通学路で起きた痛ましい事故。

しかし、我が校も実はプールのブロック塀がある。
このブロック塀は大丈夫なのだろうか?と校長先生とも話していた。
しかし、市教育委員会から「危険を及ぼす可能性がある」ということで、早急に撤去する旨が伝えられた。

ちょうど地震が発生した時間は、登校時間で私も校門前に立っていた。
そして子供達は、このプールブロック塀の下を歩いていました。
こちらは震度4でしたが、あの時、震度5〜6の揺れがあったら・・・と思うとゾッとします。

本日、学校からプリントが配られ、ブロック塀を撤去することと、安全性確保のために、通学路を変更することが伝えられました。
何よりも子供達の安全が第一。
早急に工事に取り掛かってほしいと思います。

地震も大雨も、自然がもたらす災害。
私たちの予想をはるかに超えて、大きな被害をもたらします。
そんな中で、子供達の安全を確保する。
難しいことですが、できるだけの備えが必要ですね。

余震もまだまだ気が抜けません。
注意して過ごしましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。