2018年04月20日

アホらしい(-_-)

180420.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

本当にアホらしくなってきた。

今テレビでは、セクハラ疑惑で大盛り上がりしています。
セクハラはいけません。そんなことはハッキリしている。
しかし、あまりにも一方的なセクハラ疑惑。

財務省事務次官が、女性記者に対して、セクハラを行なったとされている。
しかしその証拠たるものが、事務次官の音声のみ。
それだけで、もうセクハラと決めつけた報道に、あまりにも????となっています。

そして財務省が「被害者は名乗り出てほしい」と言ったことにも批判が噴出。
確かに配慮の足りない呼びかけだったとは思う。
しかし、どこの誰なのかもわからない被害者の言い分だけ。
週刊誌の情報だけで、調べようにも調べられないのも事実。

事務次官の音声のみで、女性の言葉はなく文字のみ。
こんな証拠だけで、完全にセクハラだと決めつけ、いつものマスコミ&野党がタッグを組んで、盛り上がっています。
セクハラ被害を受けたと言っていますが、どこまでのセクハラだったのか?
言葉だけなのか、実際に体を触られたりしたのか?
そんなことも全くわかっていない。

疑いの本の一握りを、まるで真実のごとくに報道を繰り返すメディア。
それに乗っかって政権批判に利用する野党。
見ていてバカバカしくて呆れています。

安倍総理が訪米して、トランプ大統領と首脳会談を行いました。
米朝会談が行われると言われている前の、とてもとても大事な首脳会談です。
情報では安倍総理の拉致問題解決に、トランプ大統領も賛同したとされています。
これって本当にすごいニュースです。
今までアメリカ大統領が、拉致問題解決に意欲を示したでしょうか?

しかし、マスコミは全く報じず、連日セクハラが〜と叫び続けています。
結局辞任した事務次官ですが、本人はセクハラを否定し、裁判でも争う姿勢を見せています。
これはマスコミにとっては誤算だったでしょうね。
裁判で争ったら、事務次官が勝利する可能性は高いです。

野党はこれまでも、森友文書問題、加計の首相案件問題、そして自衛隊の日報問題など、次々と問題をでっち上げて政権の足を引っ張っています。
それが仕事だと思っているのだから、もう救いようがありません。
週刊誌や新聞のネタを材料に、政権批判をするのなら、何も国会議員でなくてもできます。
だからあなた方野党は必要ありません。

セクハラ問題を利用して、自分たちのパフォーマンスをアピールするのに必死です。
以前、ハリウッド映画界で、過去のセクハラが大問題となって、女優たちが黒の服を着て講義をしました。
それを真似て、野党の女性議員たちが、黒の服を着てMe Tooと書いたプラカードを持って、財務省に押しかけました。
そこで警備員ともみ合いになったようです。

え〜と失礼ですが、言わせていただきますね。
Me Tooってあなたたちもセクハラを受けたのですか?
正直言って、とても気持ち悪いです。

もう呆れて開いた口が塞がらない。
こんなことやって、国民の支持が得られると思っているのでしょうか?
本当に逆効果ですよ。

そして野党は国会審議を拒否するという暴挙に出ました。
つまりは自分たちから「私たちは仕事ができない無能者たちです」と言ったに等しい。
政策が何も無いから、スキャンダル報道に乗っかって、ただただ政権批判をして騒ぐ。
自分たちは頑張っていると見せかけるための、パフォーマンスに終始する。

総理は解散総選挙を考えていると言われています。
支持率が低下していると言われているが、その支持率もあてにならない。
そのことを、総理自身がよくわかっているのでしょう。

いつまでもマスコミと野党の馬鹿騒ぎに付き合っていられません。
やらなきゃいけないことが、山のようにある。
それを邪魔する野党は、解散総選挙をしてことごとく振い落さなければいけません。

本当に今の国会の状況と、マスコミの報道を見ていると、堕ちるところまで堕ちたと言わざるを得ない。
多くの国民は本当にうんざりしていますよ。
それをわからない、野党とマスコミは、もう潰れる道しか残っていないのかもしれません。

本当に呆れて、開いた口がふさがりません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。