2018年04月17日

便利なネットの困った点

180417.jpg

今の時代、ネットが無ければ仕事にならないって人もいると思う。
私もネットが無ければ、仕事にならない人間の一人です。

デザインやイラストなど、作業中にはネットは使わない。
しかし、すでにadobeのアプリがクラウドになっており、ネットを使っていることになる。
さらに素材集などは、もうネットが繋がらなければ不可。

そしてクライアントへの校正や納品なども、ネットを使ってメールで・・・と言うことが多い。
ネットが無ければ、仕事ができない。とまでは言わなくとも、かなり制限されてしまうことは確か。

そんなネットですが、便利な反面困ったことも多い。
特に困るのが迷惑メール。
相変わらず、いろんな迷惑メールが届く。

仕事のメールアドレスには届かないが、他のアドレスには様々な迷惑メールが届く。
私はレンタルサーバーを借りているので、メールアドレスは幾つでも作ることができる。
そこで、仕事用、プライベート用を分けている。
さらには、様々なサイトへの登録用のアドレスも別にしています。

迷惑メールが多いのが、このサイト登録用のアドレス。
やはりアドレスが漏れるのでしょうね。
だからこそ、仕事用とは分けて、別のアドレスにしています。

一番迷惑メールが多いのが、AppleIDで取得したアドレス。
このアドレスは一度設定すると変更ができない。
私はもうこのアドレスを15年くらいは使っている。
つまりは、ネットが普及した頃から使っているのです。

当初は迷惑メールなんてものが、今ほどでは無かった。
故にメールアドレスも短なアドレスになっている。
シンプルでとても好きなアドレスなのだが、迷惑メールが増えたので、今は使っていない。
Appleからのお知らせを受け取るためだけのアドレスになっている。

迷惑メールのほとんどは、海外からのメール。
もちろん無視。読もうと思っても、全文英語だから読めない(^^;)
そして迷惑メールフィルターで、最初から迷惑メールとして振り分けられる。

しかし最近多いのが、日本語のメール。
これは迷惑メールとは言えないのかも知れない。
そのメールとは、自社のアピールのメール。
つまりは営業メールなのです。

特に多いのが、「ホームページを拝見しました」と挨拶してくるメール。
一瞬仕事の依頼か?と思い読み進めると、全く関係のないメール。
つまりは自社の営業のためのメール。
きっとホームページなど見ておらず、とりあえずアドレスに送っているのでしょう。

ホームページを見たのなら、メールフォームを使って送信するはず。
ところが、届いているのは、AppleID用のメールアドレス。
ホームページは、このアドレスなど無関係なので、ホームページを見て、わざわざこのアドレスにメールを送ることはできない。

以前はメールフォームから、実際に仕事に関係するようなメールも来たことはある。
しかし、最近はメールフォームからメールが来ることは皆無に近い。

メールの役割も、徐々に変わって来ているのでしょうね。
私も最近は、仕事以外ではメールを使わなくなった。
家族や知人とのやりとりは、ほぼメッセージだし、Facebookつながりの人は、Facebookでやり取りをする。
ほとんどの人はLINEなんでしょうけど、私はLINEやっていないので。

相変わらず迷惑メールは無くならないけど、この手の手法も、今はメールからSNSに移行しています。
その内、Facebookで友達申請が来たと思ったら、営業目的の申請だった。なんてことが増えるのだろうな。
ネットで誰とでも簡単につながるようになった時代。
便利だけど、困った面でもありますね。

やはり最終的には使い方ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。