2018年03月27日

日本をダメにしたい野党とマスコミ

180327.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

テレビで騒いでいる「森友文書書換え問題」のキーマンである、佐川氏が証人喚問に立ちました。
野党は何としてでも、安倍総理の関与に持って行きたい。
そんな思惑が思いっきり見えてきた証人喚問でした。

結果から言えば、安倍総理の指示も、昭恵夫人の指示も、麻生財務大臣の指示も無い。
つまりは外部からの指示ではないということが証言されました。
しかし、これでは野党は気に入らない。
何としてでも、安倍総理、最悪でも昭恵夫人の関与を引き出したい。

執拗に質問を繰り返しますが、「刑事訴追の恐れがあるので」と答弁を控えた。
これは最初からわかっていたこと。
それなのに、野党は自分たちの思い通りの答弁が得られないからと「これでは証人喚問の意味がない」と怒り出す。

いやいや、誰でも予想していたことでしょうに。
もうね何でしょうね。野党ってのはただ単に駄々っ子になってしまったのか。
「外部からの圧力はなかった」と、はっきりと答弁しているのだから、この点は正しいと見るべき。
これで嘘をついていれば、刑事訴追になる。

答弁を差し控えたのは、誰の指示で書き換えたのか?という点。
野党はここに安倍総理の名前を引き出したいのだろう。
しかし外部からの圧力はなかった。という時点で、安倍総理が改ざんの指示をするはずがない。

やはり考えられるのは、佐川氏が昨年の国会答弁で、「国会議員の関与はありません」と答弁したことの影響だろう。
実際には決裁文書に、国会議員の名前が出てくる。
そして昭恵夫人の名前も出てくる。

国会答弁の内容に合わせるために、決裁文書を改ざんしたと見るのが普通。
つまりは佐川氏の立場を守るために、部下が改ざんをした。
その改ざんを佐川氏がいつ知ったのか?佐川氏が指示をしたのか?
そこが一番の問題である。

問われるとしたら、麻生財務大臣の監督責任。
ただ、これで大臣の首が飛ぶようであれば、官僚の不始末でいくらでも大臣の首が飛ぶことになる。
まさに官僚の自爆テロみたいなことが、安易にできるようになってしまう。

思い通りの結果が得られなかった野党。
次はどう出てくるのでしょうか?
自分たちの思い通りの結果が得られなかったから「ますます疑惑が深まった」とほざいています。
一体どこまで無駄な時間を使えば気がすむのでしょうか。

本当に今の野党って、政権の足を引っ張り、何もできなくするのが目的になっています。
つまりは日本が何もできないようにするのが、野党の仕事になっている。
それって早い話が、日本の国益を損ねるってことですよね。
野党は日本がダメになるように動くのが仕事だと思っているようです。

朝鮮半島情勢に絡む防衛問題、そして重大な拉致問題。
経済やエネルギーの問題、働き方改革、少子化問題、待機児童問題。
まだまだ課題がたくさんあり、やらなければならないことが、山のようにある。
昨年からず〜っと、森友・加計と無駄な時間と莫大なお金を、国会で浪費しました。
もう、いい加減にしてもらわないと、本当に日本がダメになります。

あ、そうか、それが野党とマスコミの目的だった。
だからこれからも続けるんですよね。
ますます疑惑が深まった。次は昭恵夫人の証人喚問が必要だと叫ぶのでしょう。

みなさん騙されないようにしましょう。
日本をダメにしたい野党とマスコミの、印象操作に乗っかってはいけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。