2018年03月22日

今やるべきことは何か

180322.jpg
【最初から結論ありきの報道にうんざりです】

予想していた通り、財務省の公文書書き換え問題が、政治問題として扱われ続けています。
メディアの報道と、野党の言い分を聞いていると、もう無茶苦茶すぎて失笑してしまう。
完全に「安倍総理の責任」という結果に持っていきたい。というのが見え見えです。
最初から結果ありきで報道し、結果ありきで野党が追及をしています。

事実に基づいて、その上で責任を求めるのならわかります。
「そうだろう」「そうに違いない」という妄想だけで、話を進めるのはやめていただきたい。
本当にメディアも野党も、最初から決めつけて話を進めすぎです。

財務省が公文書を書き換えたのは事実です。
しかし、そこに「官邸の指示があったはず」とか「官邸に忖度したはず」とか、まるでそれが事実のように話すのはどう?
明らかに「そうであってほしい」という希望的観測で話していますよね。

最初から「悪いのは安倍総理」「悪いのは自民党」というレッテルばりで、報道も野党もこの問題を扱っています。
これって完全に言いがかりですよね。
疑わしいからそうに違いない。
そんな思い込みだけで、問題を大きくしてどうするのでしょうか。

昨年から今年にかけての、メディアと野党がタッグを組んでの、安倍政権批判は凄まじいです。
政策の不備を指摘して批判するのなら、全く異論はありません。
日韓合意は未だに安倍政権の失策だと思いますし、北方領土問題のロシアへの対応も、私は賛成できません。

そんな政策論で批判するのなら大歓迎です。
そうでなくて、森友問題や加計学園問題は、「安倍総理が関わっていたに違いない」という、思い込みだけで国会を空転させています。
森友学園の土地代が、安倍総理の一言で大きく値引きされたのなら問題です。
しかし、そんな事実は無い。昭恵夫人が「良い土地なので進めてください」と言ったと言うのも、籠池氏がそう話しているだけ。

仮に本当に言ったとしても、それは森友学園に気を使って「良いと思いますよ」と同意したに過ぎない。
それを籠池氏がどう利用したか?そちらの方が問題なのです。
昭恵夫人の名前を財務省に持ちかけて、圧力をかけたとしたら、籠池氏がかけたのであって、昭恵夫人がかけたわけでは無い。
そこの議論は全くなく、ただ単に、改ざん前の公文書には昭恵夫人の名前が載っていた。
しかし、改ざんされて消された。とばかり報道して、野党もそこばかりを強調する。

テレビしか観ない人は、昭恵夫人が積極的に財務省に働きかけたと思うだろう。
そしてそれをかばう安倍総理は、なんとなく嫌だ。指示できない。となる。
野党もメディアもこれを狙っているのは確実。
少しでも支持率を下げて、倒閣運動に持っていきたいのだ。

自民党の内部も、支持率が下がれば、「次は俺が」と思っている政治家はわんさかといる。
メディアの報道や、それに踊らされる世論の目ばかりを、気にしている議員は大勢いる。
だからメディアは必死で安倍批判を繰り返す。

しかし、ネットを駆使して、多方面から情報を得ている人は知っている。
なぜ、メディアがここまで安倍批判を繰り返すのか。
そこには憲法改正が待ち構えているから。

なんとしてでも憲法改正を阻止、もしくは骨抜きの改正にしたいのです。
憲法九条を、できることなら触らせない。
今のままの、動けない自衛隊のままで、終わらせたいのです。

国会だって議論しないといけないことは山のようにある。
5月には米朝首脳会談が実現するかも知れない。
どう動くか全くわかりません。
下手すれば軍事行動に出るかも知れない。

どちらに転んだとしても、この時が最後の拉致被害者救出のチャンスです。
それを何もせずに見送るつもりでしょうか?
国会で拉致の「ら」の字でも出たでしょうか?
ず〜っと森友・加計ばかり、ようやく終わったと思ったら、再び森友復活。

財務省の書き換え問題は大問題です。
しかし、それはそれとして、対策本部など立ち上げて、そこでやるべきこと。
政権批判の材料にしている場合では無い。
本当にいい加減にしてもらいたい。

野党の皆さん、あなた方の望みはなんですか?
安倍政権を打倒して、自分たちが政権を握りたいだけですか?
政権を握って何をするのですか?

問題は常に目の前にあり、日本国にとって重要な問題ばかりです。
それを見ずに、揚げ足取りばかり。
本当にいい加減にしてもらいたい。
あなた方に議員の資格などありません。

そしてメディアも、報道としての責任を果たしてください。
偏向報道ばかりで、いずれ誰も信用しなくなりますよ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。