2018年03月19日

カラー化第1号発行

180319.jpg

本日、学校広報誌を納品した。
もうかれこれ7〜8年続けている広報誌。
息子が5〜6年生の頃に話が来て、そこからずっと仕事として続けています。

元々のレイアウトがあったので、同じレイアウトで続けて来ました。
紙面の中で、色々と試行錯誤しましたが、どう頑張っても乗り越えられないものがある。
それがモノクロ印刷ということ。

せっかく写真をたくさん載せても、大きく載せても、やはりモノクロはモノクロ。
一度だけカラーにしたことがある。
今から2年ほど前の100号の記念号だった。

この時は、予算よりもオーバーしたが、特別号ということでカラーになった。
しかし、その後は再びモノクロに戻って、前回まで続いていた。
一度カラーになった後、保護者からは「発行回数を減らしてでもカラーにできないか?」との声があったらしい。
当時の教頭先生が、私にその話をしてくれた。

また、昨年はPTA役員になりたての頃に、先生方との親睦会で、別の先生からも「保護者からカラーにしてほしいと言われた」と聞きました。
以前から私もカラーにできないか?と考えていた。
しかし、勝手に変更することもできない。

でも、昨年からPTA役員となり、次期会長を担う副会長を務めるにあたり、カラー化に踏み切ることにしました。
一番の問題は予算です。
今までの金額と同じでカラーにできるかを検討しました。
そして、同じ金額でカラーにできることを、校長・教頭先生に伝え、職員会議でかけてもらいました。

その結果、皆カラー化に賛成で、すんなり決定した。
しかしもう一つの問題は、レイアウトの大幅な変更。
今までは新聞サイズでの紙面。
それを今回はA4サイズの冊子に変更します。

本当は年末くらいに、レイアウト見本を作って、見てもらうつもりでいました。
ところが、年末からず〜っと仕事が詰まりっぱなし。
とてもレイアウトを考えている時間が取れない。

結局、本番でいきなりレイアウト変更することとなった。
いつもなら、元からあるレイアウトで作業するので、作業時間は早い。
しかし、今回はゼロからデザインを考えながらの作業。
他の仕事も逼迫する中で、なんとか作業を進め、タイトスケジュールの中、無事に印刷完了しました。

やっぱりオールカラーになると違いますね。
今回は卒業生の顔写真も入るので、カラーになって良かったと実感できます。

これから毎号カラーでの制作となる。
次号は来期の1学期の終わりに発行です。
来期の一年間はちょっと憂鬱なんですよね。
それは、私がPTA会長を務めるから。

PTA会長の挨拶文があるので、顔写真も入ります。
自分で自分の文章と顔写真入れて、レイアウトしないといけない(--;)
あぁ〜ヤダヤダ。
他人のつもりで編集するしかないですね。

とにかくカラー化第1号、無事に発行できたので良かったです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:17 | Comment(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。