2018年03月08日

騙され続ける韓国

180308.jpg

完全に北朝鮮の思惑通りですね。
韓国はいったい何やってんだか。

オリンピック直前から、突然始まった、北朝鮮の微笑み外交。
完全に作り笑いなのはわかっているのに、その作り笑いにすら大喜びする韓国政府。
無理やり作った融和ムードは、その信頼性を確保するために、無理やりな南北首脳会談へと続く。

今回、韓国が送った大使に、金正恩氏が最大限のもてなしをして、南北首脳会談が実現することとなった。
北朝鮮はこれまで、頑なに中止を求めていた、米韓合同軍事訓練を、あっさりと了承した。
そして驚くことに、核の放棄まで匂わせている。

しかし、これが現実は時間稼ぎに過ぎないことを、日本は分かっているし、アメリカもわかっている。
困ったことに、全くわかっていないのが韓国。

今まで何度この手に騙されてきたのか。
北朝鮮の発する言葉は、その場しのぎの外交手段でしかない。
約束をしても、それを破るのが、北朝鮮の外交方法です。

今回の北朝鮮の言葉を、信じている人が一体どれだけいるのか?
これまでの北朝鮮のやり方をわかっているので、ほとんどの人が「また何か言っている」という風に捉えているでしょう。
結局わかっていないのは韓国だけ。

いやもしかすると、わかっていて話に乗っかっているのかもしれない。
その場しのぎの融和ムードを、自分たちの実績にしたいだけかも。
これまでも、北朝鮮と融和ムードで、失敗しているにも関わらず。
結局は「今良ければそれで良い」という考えなのかもしれません。

大統領として、北朝鮮と首脳会談をしたという、実績が欲しいだけかも。
問題は、この融和ムードがアメリカを巻き沿いにしないか?ということ。
もし、アメリカがこのムードに流されて、北朝鮮と話し合いに着けば、それは北朝鮮を核保有国として認めることになる。
これは日本にとっては最悪の結末。

一方の北朝鮮も思惑通りだが、本当に筋書き通りに行くか?
北朝鮮が話し合いに応じる姿勢を見せているのは、やはり制裁が効いているからだと思う。
とにかく韓国と仲良くして、少しでも制裁を逃れたい。
やはりギリギリの外交を行っている。

誰も戦争は望んでいないので、本当に話し合いで決着がつけば、それが望ましい。
しかし、その中身が、北朝鮮を喜ばせるだけのものになっては意味がない。
そうなれば、日本も核武装せざるを得ない状況になる。

どうなって行くのか?
注視していかなければいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。