2018年02月13日

悔し涙から嬉し涙へ

180213.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

ついにメダル獲得です。

盛り上がりに欠ける平昌オリンピックですが、やはり日本人選手がメダル獲得すると、盛り上がって来ますね。
スピードスケートの高木美帆選手が銀メダル。
スノーボードの原大智選手が銅メダルを獲得しました。

そして何と言っても嬉しいのが、ジャンプの高梨沙羅選手。
前回のソチオリンピックでは、金メダル確実と言われて、プレッシャーに押しつぶされてしまった。
4位という結果に終わり、本当に辛い4年間を過ごして来たと思います。

今回もかなりの重圧の中、あの小さな体で大ジャンプへと挑みました。
目指していたのは金メダル。
私たち日本国民が期待していたのも、金メダル。
しかし、その重圧の中で、銅メダルを獲得したのは、本当に本当に嬉しいことです。

本人も、次は金メダルを目指してと、すでに次の目標を見据えています。
ひとまずメダルを獲得したことで、気持ち的に区切りがついたのではないでしょうか。
そしてさらなる飛躍を目指したくなったのでしょう。

このジャンプ競技は、どう考えたって日本人は不利です。
特に女子は不利になる。

風を受けて、体を遠くまで飛ばすには、やはりある程度体格が必要。
身長も高い方が有利なので、高梨選手にとっては、めちゃくちゃ不利な条件で飛んでいる。
そんな中で、これだけの成績を残しているのです。

自分にとって不利な条件を、どうやって克服するか。
それをずっと追い求めて来た高梨選手。
今回の銅メダルは、金メダル以上の価値があると思う。
それは銅メダルを獲得した、高梨選手の表情にも表れている。

そして今回の銅メダルは、決して高梨選手一人で獲得したものではない。
一緒に戦って来た日本代表選手。
特に伊藤選手の存在が大きいのでしょう。

ジャンプを決めた時も、真っ先に高梨選手に抱きついて、喜びを爆発させていた。
良きライバルであり、良き同志である伊藤選手。
その存在があったからこそ、高梨選手も頑張れたのだと思う。

北欧やヨーロッパ、アメリカの選手と比べると、どうしても不利な日本人選手。
それでも、小さな選手たちが、頑張って頑張って飛んでいる。
本当に今回の高梨選手の活躍は、日本中に感動を与えたと思う。

努力に勝る天才なし。
まさしくその通り、努力でメダルを獲得した高梨選手。
おめでとうございます。
そして、これからもますます活躍して欲しいですね。

また他の競技でも、メダル獲得が期待されています。
頑張れ日本!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。