2018年01月14日

バトンを渡す時が来た

180114.jpg

あまりに寒すぎて、我が家の灯油の消費が半端ない。
この前、まとめて3缶入れたと思ったのですが、もう残り1缶の半分しかない。
これで塗油切れになったら死んでしまいそうなので、急いで2缶入れました。

例年なら、石油ストーブをMaxで炊くと、暑いくらいになるので、炎の量を調整します。
しかし、今年はMaxで炊いても寒い。
Maxで炊くので、灯油がどんどん消費される。
明日くらいから、少し寒さ緩むらしい(緩むったって平年通りだけど)ので、少しは灯油節約できるかな(^^;)

そんな寒い中、今日は自治会の定例の班長会でした。
奇数月の第二日曜日に、役員・委員・班長が集まって、自治会のことで話し合います。
実は私にとって、今日で最後の班長会議でした。

6年間自治会に関わらせていただきましたが、今期でお役目を終わらせていただきます。
今日が最後の班長会議でしたので、定例の会議は最後となりました。
まだ総会やら、新旧の役員・委員・班長の親睦会などありますが、通常の会議は最後でした。

私が自治会に関わるようになったのは、息子がまだ小学6年生の頃です。
長女はまだ託児所通いで5歳、次女に至っては1歳でした。

その時の自治会長が、当時の剣道連盟の会長さんでした。
同じ町内で、剣道でも顔を合わす機会があった私に、生涯学習推進員を依頼してこられました。
剣道でもお世話になっている会長さんの依頼でしたので、よくよく考えて受けさせていただいた。

本来なら生涯学習推進委員は、一委員に過ぎません。
役員の中に入る存在ではない。
しかし、私が入るまでは、副会長が生涯学習推進委員を兼務していた。

つまり今の会長が副会長の時に、生涯学習推進委員だったのです。
その流れから、なぜか生涯学習推進委員の私も役員会の会議に顔を出すようになり、いつのまにか役員の一員みたいに行動していました。

その後、自治会を法人化するに当たり、役員が2名必要になり、私は生涯学習推進委員から役員へと変わった。
生涯学習推進委員で2年、役員で4年、合計6年間勤めさせていただきました。
小6だった息子は高3に、5歳だった長女は小5、1歳だった次女が小1となりました。

初めの頃は、役員会やその他の会議で、嫁さんの勤務と合わずに、娘二人を連れて行ったことも多々ありました。
さすがに班長会議では、大勢の人が集まるにで、子連れでは行きませんでしたが、少人数の会議の時は、なんども娘たちを連れて行ったことがあります。
6年という時間は、本当に長い時間ですね。

それでも自分がやりたかったことは、半分ほどしかできていないと思う。
もっともっと、いろんなことをやりたかったのですが、やはり仕事をしながらの自治会活動ですので、なかなか思うようにできません。
逆に仕事の方も、100%力を入れることができないという、中途半端な状態でした。

まだまだやり残したことは、たくさんありますが、次の世代へバトンタッチしたいと思います。
ようやくこれで肩の荷が降ります。自由に動けるようになるので、これからは自由な立場とOBという立場から、やりたいことを続けていきたいと思います。
役を降りたから、これで自治会のことも終わりと言うわけではありません。
これまでの自分のノウハウを生かして、これからも自治会の力になればと思っています。

まだ最後の役目があるので、終わりではありません。
最後の最後まで、しっかり役目を果たして、バトンタッチしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。