2017年12月22日

久々の回転寿司にペッパー君

171222.jpg
【受付にいたペッパー君】

本日で娘たちは2学期が終わりました。
帰ってくるなり2人とも通信簿を持ってきました。
2人とも「がんばりましょう」は無く、まあまあの成績です。

2学期が終わったことと、私の仕事もひと段落(まだ終わってないけど)したので、今夜は外食することにしました。
嫁さんにメッセージで相談して、仕事が終わり次第迎えに行き、そのまま外食することになりました。
娘たちにどこに行きたいか聞くと、次女がすかさず「はま寿司!!」。
日頃から「はま寿司行こう」と、言っている次女ですから、予想通りでした(笑)

週末の金曜日ということもあり、はま寿司は人がいっぱいでした。
受付をしようと思ったら、いつもの受付機が使えない状態に。
代わりに隣にペッパー君が立っていました。

「いらっしゃいませ〜」と話しかけてきて、モニターで受付を開始。
待ち受け番号を発行するのですが、ペッパー君は出せないので、以前から使っていた受付機で発行していました。
それならペッパー君の必要性あるのか?と思いましたが、番号の呼び出しもペッパー君がしていて、スタッフの代わりをしているようでした。

でも、時々スタッフが番号を確認したり、呼び出したりしていて、完璧な受付はできていません。
また小さな子供が珍しがってよってくるので、その度に「いらっしゃいませ〜」と言い、タッチパネルを触ると「席をお選びください」と受付を始めてしまいます。
やはり臨機応変にとはいかない。だからスタッフのフォローが必要なんでしょうね。

受付業務の一部をペッパーが担っているが、やはり人がフォローしないといけません。
経費削減で導入しているのなら、ちょっと疑問符ですが、話題作りと今後のAI化の取り掛かりと考えると、これもありかなと思いました。
いずれ受付はすべて無人化になるのでしょうね。

勘定も無人化できそうだし、回転寿司は近い将来、スタッフがいない店舗が普通になるのでしょうね。
ちょっと寂しい気もします。
スタッフは何かあった時にだけ出てくるのでしょう。

久しぶりの回転寿司でいつぶりだろう?と思い返してみたら、北海道で食べた以来だった。
北海道の回転寿司は、ネタが物凄く大きくて、それを思い出すとちょっと残念ですが、久々の回転寿司で美味しく食べました。
次女は「はま寿司行きたい」といつも言いますが、寿司よりもポテトなどのサイドメニューが楽しみなようです(^^;)

久々の回転寿司、惜しく食べることができました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:22 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。