2017年11月24日

北朝鮮の今後

17.11.24.jpg

北朝鮮から難破船が相次いています。
漁船と思わしき船が、日本の海岸に流されて来たり、漁師が8人も生存して流されて来たり。
本当に漁師なのか?と疑ってしまいます。

北朝鮮の漁船は以前から日本の排他的水域に入って来て、問題となっていました。
日本の漁場で勝手に漁をする北朝鮮漁船。
その漁船が流されて来ているのかも知れません。

しかし、なぜ流されてくるのか?
おそらく燃料も少なく、船もボロボロの船なので、故障したりして流されてくるのでしょうね。
北朝鮮内では、燃料がかなり少なくなっているのでしょう。
経済制裁が徐々に効いているのかも。

かれこれ2ヶ月以上、ミサイル発射や核実験を行っていない。
一つはアメリカを本当に恐れている。
しかし、アメリカとの裏取引で、2ヶ月大人しくしていれば対話に応じるとの情報もある。

だが、その情報もトランプ大統領が、北朝鮮を再びテロ支援国家に指定した事で、流れたと思われる。
テロ国家と認識していながら対話をするのは、やはり無理であろう。
北朝鮮もテロ国家のレッテルを貼られて、そのまま黙ってはいられない。

そんな緊迫する北朝鮮情勢が、国民にも伝わっているのかも知れません。
兵士が38度線を超えて亡命して来る。
本当は逃げ出したい国民が多いのでは無いでしょうか?

漂流して来た漁師も、本当に漁師なのか?そして本当に漂流なのか?
もしかしたら漂流のフリで逃げて来たのではないか。
そう思ってしまいますよね。

北朝鮮という国が、今後どのようになっていくのか?
アメリカがどう動くのか?で、日本にも大きな影響が出て来ます。
もし武力衝突があったら、日本海を渡って、多くの北朝鮮国民が難民となって押し寄せる可能性があります。
今回の漁船漂流が、その序長のような気がしてなりません。

本当に困った国です。
なるべく日本に影響の少ない形での、解決を望みます。
アメリカと北朝鮮、両国の動きを注視しなければなりません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:46 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。