2017年11月20日

我が家の冬の始まり

171120.jpg
【ついにストーブ点火】

ついにストーブに灯火が。

あまりの寒さについにストーブを点けてしまった(-_-)
もう後戻りできません。
でもストーブはやっぱり暖かい。

実は灯油缶に少し灯油が残っていたので、その灯油でストーブを点けた。
本当は古い灯油は使わない方がいいらしけど(^^;)
でも、おかげで暖かく過ごせます。

すぐに灯油は無くなると思うので、買い足さなきゃ。
これでついに本格的な冬のスタートです。

後はホットカーペットをどうするか?
壊れたホットカーペットを敷いていても仕方ないです。
取っ払って処分するか、修理に出すか?

我が家はコタツがないので、暖をとるとしたら、ストーブとホットカーペットでした。
足元の寒さをホットカーペットで補ってきたので、ホットカーペットが使えないのは、ちょっと困る。
奈良盆地の寒さって、足元からシンシンと身にしみる。
やっぱりホットカーペットがあるのと無いのとでは、全然違いますからね。

コタツも魅力的なんですが、コタツ置いたら絶対に子供達はそこから動かなくなる。
いや子供だけじゃなく、大人も動けなくなる。
だからコタツは起きません(笑)

でも、コタツって魅力的ですよね。
子供の頃は、よくコタツで寝っ転がってテレビ見ていました。
そして気がついたら、コタツで寝ていたんですよね。
あの気持ち良さはなんとも言えません。

みんなでコタツに入るから、自然と家族団欒が生まれる。
そんな意味では、コタツってとても良き暖房器具なのかも。

意外でしょうが、奄美でも冬はコタツを使っていました。
気温はそんなに下がらなくても、海風がきついので、冬は意外と寒いのです。
子供の頃はコタツで温もるのが、本当に嬉しかったのを覚えています。

そして黒猫のリッチーを飼っていた頃は、コタツの中に必ずリッチーが入っていました。
足を入れると必ずリッチーがいて、時々私の足で遊んだりしていましたね。
そんな思い出もコタツあってこそですね。

コタツは魅力的だけど、今の我が家には置けないですね。
とりあえずホットカーペットをどうするか考えよう。
そして灯油を買い足さなきゃ。
一旦ストーブを点けたら、もう戻れませんから(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。