2017年11月09日

不思議な体験を思い出した

171109.jpg

mixiニュースで思わず目を引いたニュース。
「怪奇現象が起きると話題のおもちゃ」
タイトルに惹かれて、ついつい内容をチェック(笑)

話題のおもちゃは、かなり昔のおもちゃで、FAXのおもちゃのようです。
そもそもFAXのおもちゃってのが珍しい(^^;)

Twitterで投稿された内容では、おばあちゃんの家に昔から置いてあるおもちゃらしく。
突然、機械音で「もしもしお元気ですか?」と喋るとか。
あまりに鬱陶しいので、電池を抜いた。
ところが、それでも声が聞こえて、終いには登録されていないはずの「ねぇ〜」という声が聞こえたとか。

ひぇ〜〜〜〜〜〜怖い〜〜〜〜〜(((((((><))))))

このおもちゃに関しては、その後の続きがあるので、元記事を読んでください。
元記事はこちら

これを読んでいて、ふと思い出したことがある。
実は我が家でも似たことが一度起きたのだ。
もう随分と昔のこと。
確か息子がまだ3歳前後だったと思う。

この家に引っ越して来て、まだ1年なるかならないかの頃でした。
当時のこともつぶやいていますので、ちゃんと記事として残っています。
(2003年12月25日のつぶやき)

この日は、嫁さんが夜勤で、家には私と幼い息子だけ。
まだ子供一人だったので、部屋は広く使っていた。
今、子供部屋になっている部屋が、寝室となっていて、ベッドが置いてあった。

残り二部屋の内、一部屋は当時から私の仕事部屋として使用。
もう一つの残された部屋が、子供部屋として息子のおもちゃが散らばっていた状態。

息子と二人でベッドで寝ていた時。
隣の子供部屋から小さなサイレンの音が聞こえて来たのです。
時間は朝方の4時。

不思議に思って子供部屋に入ると、息子の消防署セットのおもちゃがサイレンを鳴らしていました。
トミカの消防署セットで、建物と消防車がセットになっている。
サイレンはスイッチを入れると鳴る仕組み。
スイッチを入れない限り鳴らない。

ところがなぜかスイッチが入った状態で、サイレンが鳴っていたのです。
最初からスイッチ入っていたら、ずっと鳴っていたはず。
不思議に思いながらも、スイッチを切って布団に入った。

再び眠りにつこうとした時。
今度は1階から音楽が聞こえて来た。
それは、リビングに飾ってあったダンシングサンタから流れる音楽。

昔のタイプのダンシングサンタで、振動でセンサーが入り、音楽に合わせて、サンタがお辞儀をします。
振動を与えるか、サンタの前で大きな音でも鳴らなさい限り、センサーは入らない。
そのダンシングサンタが、突然鳴りだした。
えぇ〜〜〜〜〜〜〜とビビりまくったが、聞かなかったことにして、布団の中で息子を抱きしめて眠った(笑)

こんな体験があるから、機械的な故障とか、あまり信用できない。
やっぱり何か目に見えない存在がある気がしている。
嫁さんにこのことを話すと、「クリスマスの明け方だからサンタさん来たのかもね」なんて言っていた。

今だに不思議な体験として記憶に残っています。
それっきりもう無いですけどね。
あっても嫌だし(笑)

皆さん、そんな体験ありませんか?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:05 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。