2017年09月24日

高まる危機

170924.jpg
【もう止まらないのか】

北朝鮮とアメリカの口による戦争が止まりません。
これはもう、お互いの胸ぐらを掴んで、殴り合う寸前です。
振り上げた拳を、どうやって収めるのか?
拳を下げた方が負けとなる。

北朝鮮は絶対に拳を下げません。
拳を下げれば、敗北を意味し、金王朝の崩壊を招きかねません。
アメリカも簡単には拳を下げることができません。
拳を下げれば、それは北朝鮮を核保有国として認めることになる。

もし武力衝突となった場合。
北朝鮮に勝ち目はありません。
それでも、反撃能力はあるので、韓国ソウルは火の海になりかねない。
そして我が日本にも、ミサイルが飛んで来る。

アメリカが本気で攻撃を仕掛けるとしたら、この反撃能力をとことん抑え込まなければならない。
そのシミュレーションをずっとやっているのだと思います。
武力衝突が始まったら、一瞬で終わることでしょう。

ただ、アメリカにとって厄介なのは、韓国の態度です。
日米韓で協力して行かなければならないのに、韓国は北朝鮮に人道的支援として、8億円ものお金を支援しようとしている。
韓国が本気で、北朝鮮を叩き潰す気がなければ、アメリカの本気も削がれてしまう。

韓国内には大勢の北朝鮮スパイが紛れ込んでいると思われます。
下手すると政府内にもいる可能性がある。
そうなると、アメリカの作戦が北朝鮮に筒抜けになる可能性も高い。
その辺はアメリカも承知の上だと思いますが、やりにくいのは確かです。

そして、アメリカもどこまで本気かわかりません。
トランプ大統領の激しい口調は、一転する可能性もある。
これまでも、口では厳しいことを言っても、逆の行動を起こして来たこともあります。

忘れてはならないのは、トランプ大統領はアメリカファーストであり、根っからの商売人だということ。
アメリカの利益になると思えば、これまで敵対して来た相手と、手を結ぶこと有り得ます。
突然北朝鮮と仲良くなって、手を結ぶ可能性だってゼロとは言えない。

我が国、日本は何ができるのか?
残念ながら、今の段階では、何もできません。
これだけ、自国の上空をミサイルが飛んで行っても、ただただ遺憾の意を伝えるだけ。
日本が何もできないことを、十分わかっているからこそ、北朝鮮も平気でミサイルを飛ばす。

これまで日本上空を飛ばさなかったのは、日本に気を使っていたのではなく、アメリカを気にしていただけのことです。
本当に日本は舐められっぱなしですよね。
大勢の日本国民を拉致され、それを取り戻すこともできず、逆にその拉致被害者を外交カードにされてしまう。
犯罪者が拉致した人を、返すふりをして、お金を要求しているのと変わりません。
犯罪国家が、今度は核兵器を持とうとしている。
なんとも恐ろしいことです。

この緊迫した状態で、日本の国会は解散するようです。
「なんでこの時期に」「解散の大義がない」などと、マスコミは騒ぎ立てています。
確かに緊迫した時期ではある。しかし、逆に今の時期を逃すと、ますます緊迫度が高まります。
もし仮に、軍事衝突となった場合に、解散総選挙どころではなくなってしまう。
来年末で任期となるので、やるなら今しか無いのだと思います。

極力話し合いで解決してほしい。
誰もがそう願っていることでしょう。
しかし、北朝鮮は核保有国として認められたら話し合いに応じても良いと考えている。
アメリカは北朝鮮の核は認められないと考えている。
最初から話し合いなんて、できない状態でここまで来ているのです。

お互いに振り上げた拳を、どうするのか?
アメリカが軍事的行動を起こす場合、いつ、どのような仕掛けをするのか?
それは明日起きてもおかしく無い。

日本はただただ指を加えてみているだけ良いのか?
北朝鮮には拉致された同胞が数多くいる。
拉致被害者を救出するには、どうすれば良いのか?
残念ながら、今の憲法では自衛隊が突入して救出することはできない。

解散総選挙の大義が無いと言うのなら、今こそ憲法改正を焦点にすべきだと思う。
北朝鮮危機が強まる今日で、今のままの憲法で良いのか?改正すべきか?
それを問う総選挙であってほしいと思う。

最低限、自国は自分たちの力で守りたい。
それすらできていない現状。
自国民を拉致されても、取り返しにすら行けない国。
まずはこの憲法を変えることが必要だと思う。

そして緊迫する北朝鮮情勢。
いざとなった場合、私たちもある程度の覚悟を持たなければならないでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:15 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。