2017年07月20日

報道しない自由

170720.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から 蓮舫氏の説明で納得できた人がいるのだろうか?】

テレビの報道がますますおかしい。
森友問題や加計騒動で、まともな報道でないことは、多くの人が気づいている。
しかし、無かったことを、「あるかも知れない」と報道し、延々と疑惑を追及する。
このことにいったいどれだけ無駄な時間と税金が使われているのだろうか?

仮にもし本当に、安倍総理がお友達である加計学園を特別扱いしたとする。
それって違法性あるの?何か見返りでももらっているのなら別だけど。
そもそも、愛媛県が誘致を進めていた段階で、加計学園しか名乗りでていない。
前回の閉会中審査で、前愛媛県知事の加戸氏の話で、全てわかること。
しかし、報道は全くされない。
いつまでもこの騒動を続けて、支持率を下げて安倍政権を倒したいのでしょう。

一方、民進党の党首である蓮舫氏が18日に記者会見を行いました。
自らの問題として指摘されている、二重国籍の件で、台湾籍を持っていないことを証明するための会見。
昨年の民進党の党首選挙のときに、二重国籍の疑惑を指定されたが、まったくそれに答えることなくスルーしてきた。
戸籍を提示することを、多くの人が求めたが、まったく対応しなかった。

その時、自民党の議員にもアメリカとの二重国籍を持つ者がいることが判明。
その結果、この問題はなんとなくうやむやに終わった。
しかし、その後、自民党議員は速やかに手続きを行い、二重国籍を解消し、戸籍の写しを公開した。

一方の蓮舫氏は、ずっとだんまりを続けるが、国会では自分のことは棚に上げて、安倍総理を批判。
「息をするように嘘をつく」とか「誠意が感じられない」とか、言いたい放題でした。
その度にネットでは「自分はどうなの?」「二重国籍の疑惑は晴れてないけど」などと批判を受けていた。

そして都議会選で惨敗。
テレビや新聞では、自民党の大敗を大々的に報道しているが、実は民進党の大敗の方が痛手。
都議選大敗を受けて、民進党の中からも二重国籍問題を持ち出す議員が出てくる。
そこでようやく重い腰を上げた。

蓮舫氏曰く、自分は17歳のときに日本国籍を取得して、台湾籍は父が手続きをしていたと勘違いしていた。と話している。
しかし、芸能界入りした時は、「自分は台湾との二重国籍である」と、堂々と答えている記事が残っている。
つまり、自ら二重国籍であることをわかっていた。

その状態のまま、選挙に出て国会議員になり、民主党時代には大臣も務め、今野党の党首になっている。
総理大臣にもなる可能性のある人が、二重国籍であるという事実。
これって大問題なのですが、なぜメディアは騒がないの?
なぜメディアは報道しないの?

蓮舫氏が本当に勘違いしていたとしても、先日の記者会見はおかしかった。
まず、戸籍の提示を「人権の問題」と話をすり替えていること。
そして「戸籍を提示せよ」という声を差別だと言っている。
一般の人に「戸籍を見せろ」と言えば、それは個人のプライバシーの侵害です。
しかし、蓮舫氏は公人です。

現に二重国籍だった訳ですが、それを「勘違い」だけで終わらせるのでしょうか?
普通なら責任と取って議員辞職する問題です。
一旦議員辞職して、このことを大いに反省し、再度日本人として選挙に出るべきです。
しかし、蓮舫氏は議員辞職はおろか、代表の座も降りないようです。

都議会選挙の結果を、自分の責任ではなく、幹事長の責任にして、党役員の刷新を図るそうです。
「息をするように嘘をつく」のは、蓮舫さんあなたではないですか?
よくもまあ、自らの責任は無かったことにして、安倍総理を追及できますね。
まっとうな日本人なら、そんなことしません。

問題の無いところに、問題を起こさせ、些細なことでも追及するメディア。
一方では大問題なのに、まったく目も向けず、無かったことのように扱うメディア。
まるで一党独裁国家の中華人民共和国国営テレビ局のようです。
自民党の不利なところは、徹底的に追及をして、野党のこととなると、だんまりを決め込む。
これが公平なメディアと言えるのか?
報道の自由は、自分たちが好き放題やるってことなのか?

もう電波法を改正して、自由競争にした方が良いよ。
自分たちが電波を牛耳っているから、好き放題やりたい放題やる。
視聴率が取れれば、捏造だってなんだって構わない。
例え捏造がばれても「申し訳ありませんでした」で終わり。

日本社会の一番の既得権益はテレビかも知れません。
だからテレビ離れが進むんですよ。
自らを律することができなければ、このまま沈んでいくことでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。