2017年06月28日

バニラエア奄美空港での問題に思う

170628.jpg

「奄美空港」「バニラエア」のキーワードに思わず目が止まった。

今年の3月に、関西⇆奄美でバニラエアが就航を開始した。
これまでJALしかなかったところに、ようやくLCCとは言え、別の航空会社が入った。
料金も格安なので、奄美に興味のある方や、ちょっと奄美に帰りたい人などは、バニラエアを利用していると思う。

私はまだ利用したことがないけれど、近々利用する予定にしています。
そのバニラエアが奄美空港でトラブルに見舞わられた。
ニュースタイトルを見たときは、なんて酷いことを。と思った。
しかし、よくよく情報を探ってみると、これってどうなの?と思いました。

問題の発端は、関西空港から奄美大島に旅行に出かけた車椅子の障害者の方。
関西空港から奄美空港には、問題なく乗れたようで、奄美の自然を満喫して、帰りの便で問題が起きる。
バニラエア側から搭乗を拒否されたとのこと。

普通に読めば、「バニラエア何しとんねん」となるが、この障害者にも問題がある。
バニラエアでは、車椅子を利用している方には、搭乗の5日前までに、車椅子での搭乗であることを連絡するようにお願いしている。
しかし、この車椅子の方は、事前に連絡も入れず、いきなり関西空港に現れた。

関空では問題にならなかったのでしょう。
おそらく車椅子から降りることなく、飛行機に乗れたのだと思います。
しかし、奄美空港ではタラップを使って、階段を降りなければならない。
到着したときは、同伴していた友人らが、車椅子を抱えて降ろしたようです。

だが、この行為はバニラエア側からすれば、安全上の問題から違反行為となる。
降りた時は止むを得ず目をつむったのでしょうね。
しかし、搭乗の際はマニュアルに沿って「搭乗不可」となったのだろう。
結局、この障害者の方は、タラップを一段ずつ這って搭乗した。

この場面だけを見れば「なんて酷いことを」となるが、なぜそうなったかを見れば自業自得と言っても良いと思う。
バニラエア側は事前に「連絡をください」と謳っています。
しかし、この障害者の方は連絡を入れていません。
さらに「これまでも連絡を入れたことなどない」と言い切っています。

つまり、毎回どこに行くにも、事前に航空会社に「車椅子で搭乗する」と伝えていないと言うのです。
これはどうかと思いますね。車椅子での搭乗は、普通の健常者の搭乗とは、明らかに異なります。
航空会社としては、事前にトラブルにならないように、車椅子の方には連絡をお願いしているのだと思います。

今回も事前に連絡を入れていれば、こんなトラブルにはならなかったでしょう。
「連絡を入れていなくても、これまでは普通に搭乗できた」と話しているようですが、それは、その場でスタッフなどが機転を利かしてくれたからだと思う。
でも、それは厳密に言えばルール違反をしている可能性も高い。

車椅子を同伴者が抱えてタラップを乗り降りする際に、あやまって転倒して怪我をすれば、それは航空会社の責任にもなりかねない。
だからこそ、事前に連絡を入れてもらって、万全の体制を整えたいはず。
自分自身が「事前連絡」のルールを守らずに、航空会社の対応だけを批判するのは、アンフェアだと思います。

理想は車椅子の方も、健常者と全く同じように、普通に搭乗できること。
しかし、そこにはまだまだ問題も多い。
だからこそ航空会社も事前連絡をお願いしている。

「障害者」「車椅子」という文字を見れば、私たちは「守らなくてはならない方」という意識が働きます。
しかし、今回の件は「障害者」という立場を逆手に取った行動に見えてくる。
障害者であれば、どんな状況でも守ってもらえる。
障害者であれば、自分がルールを守っていなくても許される。
そんな風に見えてしまう。

多くの障害者の方は、事前に連絡を入れ、なんの問題もなく行動していると思う。
本当は事前連絡など入れなくても、車椅子の方も普通にできるのが理想。
しかし、現実社会は、健常者の目線でできています。
バリアフリーは大事だけど、すべてのものをバリアフリーにはできません。

立場の弱い障害者だからこそ、本当は謙虚な気持ちを持ってほしい。
周りの方々のサポートがあって、自由に行動できているはず。
「障害者なんだから特別に見てよ」と態度で見せられると、誰もサポートしたいとは思わなくなる。

何もこれは障害者だけの話ではない。
健常者でも誰一人として、一人では生きていけない。
だからこそ「お互い様・お陰様」という謙虚な心が必要だと思う。
お互いに謙虚な心で、お互いが助け合って生きるから、社会が成熟していくのだと思う。

ルールを守らずに「私は障害者なんだから」と言われても、それは素直にサポートできない。
まずは決められたルールを守り、その上でサポートをしてもらう。
最初からサポートが当たり前ではない。

バニラエア格安航空会社です。
だからJALなどとはサービス面も違います。
そこも考えて利用すべきです。

しかし、バニラエアは今回の件を謝罪しました。
格安航空会社と言えども、サービス面を充実させることは素晴らしいと思う。
ただ、ルール違反はルール違反として、これからは毅然と対応してほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:15 | Comment(6) | 私の思うこと
この記事へのコメント
こんにちは。

今回はバニラエアが当たり屋の被害にあったということですよね。
今回の人は、座席で内緒でおしっこしたりもしてるらしいし迷惑な客です。
ブラックリストに載せて全社登場拒否したらいいのにと思います。
Posted by にっこり at 2017年06月29日 13:11
にっこりさん、こんにちは。
今回の人、けっこう有名らしいですね。
最初から奄美空港では、タラップで乗降しないといけないのを知っててやったのでしょうか?
そうだとしたら、まさしく当たり屋ですね。
堂々と顔を出してテレビの取材に答えていましたから。
最初からそれが目的だったのかも。
Posted by island at 2017年06月29日 14:14
バニラエア、事前に連絡を入れた場合は、搭乗お断りだったようです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000031-mai-soci
その事があり、ストレッチャーを導入されたので、改善の為には必要だったのでは?
Posted by やんぴょう at 2017年06月30日 18:32
やんぴょうさん、久しぶり(^o^)
バニラエアのサイトには下記のお願いがあるんですよ。

====================
奄美大島線ご利用のお客様へ

奄美空港施設要件に伴い、奄美空港出発/到着時にターミナルに接続されている搭乗橋をご利用いただけない場合がございます。
その際には、階段昇降機をご利用いただいての階段昇降となります。
事前の確認事項がございますので予約センターまでお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。
====================

https://www.vanilla-air.com/jp/guide/special-assistance#sp1

つまりは、事前に連絡さえ入れていたら、ちゃんと対応できた。
それを怠ったからこんな結果になったんです。

障害者の方に対応するのは当然ですが、障害者の方も、事前に確認をすることが大事ですね。
対応してもらって当然との思いがあったのではないでしょうか。
Posted by island at 2017年06月30日 19:07
私の貼ったリンク部分によると、「関空-奄美間」は事前連絡の場合は、設備が無いので搭乗お断りと書かれていたので、そうだと思ってました。
すみません。
Posted by やんぴょう at 2017年07月03日 12:57
やんぴょうさん、わざわざお返事ありがとう(^o^)
毎日新聞の書き方だと、誰が読んでも「バニラエアが一方的に悪い」と思いますよね。
メディアは一方的な方向から記事を書くことが多い。
テレビなどは、最初から結論付けて、そっちの方向に持っていく編集が多い。
公平な見方をしないで、一方方向からの報道があまりにも多すぎると思います。
私たちも多方面から物事を見て、自分の頭で考えることが大事だと思います。
Posted by island at 2017年07月03日 14:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。