2017年05月28日

学童総会の日

170527.jpg

本日は朝からスーツを着て出かけました。
最近スーツ着ることが増えています。
着なれないのでどうもしっくり来ないです(^^;)

なぜスーツなのか?
それは学童保育連絡協議会の総会だったから。

私は市の学童保育連絡協議会の理事を務めさせていただいています。
理事と言っても特別なことはしていませんが、代表理事や事務局と協力して、運営の一端を担っています。
今日は保護者や指導員を交えての総会。
私は司会進行の役を賜り、着なれないスーツで壇上に立ちました(^^;)

自治会の総会でも司会進行していましが、やはり雰囲気が違いますね。
やや緊張してしまいました。

ちゃんとシナリオがありますので、それに沿って進めるだけ。
ただ、イレギュラーなことが少しあり、対応に戸惑ってしまうことも(^^;)
なかなか不慣れなことだけに、お恥ずかしい限りでした。

総会の前半は表彰式や挨拶、そしてお招きした講師の講演がありました。
「気になる子どもへの理解と接し方」と題した講演会。
講師の先生は養護学校の教頭先生です。

しかし、講演の内容は障害児だけでなく、親子や大人同士でも当てはまる内容の講演でした。
自分のことに当てはめて振り返ってみると、「出来ていないなぁ〜」と反省することばかりでした。
日々の子育ての中で、ついつい大人目線で対応している。
もっと子供目線になって、子供と向き合わないとダメだなぁ〜と感じました。

講演終了後、総会の審議に入り、粛々と進められ、総会も成功裏に終わりました。
私も理事の一人なので、審議中は代表理事が進行を務め、私は理事として審議の内容を発表。
しかしここでミス。

本来出席の予定だった、もう一人の理事が、急遽仕事でお休みになりました。
その理事の分も私が発表したのですが、それが会計の内容。
金額を読みあげる時に、あまりの多額の単位に、途中で額がわからなくなってしまった(^^;)
隣から助け船を出されて、なんとか読み上げましたが、大変お見苦しい状態となってしまいましたm(__)m
事前に確認していたつもりが、抜けてしまっていました。

そんなこともありましたが、なんとか無事に総会も終わりました。
来年は今年の反省も踏まえ、もっとスムーズな総会にしたいと思います。

そして講演会での話を、これからの運営に生かしていきたいと思います。
相手の立場に立って考えること。
私は理事という立場ですが、元々は学童に子供を預ける親の立場でした。
ですから、保護者の立場にも立てると思います。
そして、学童立ち上げ時、その後の運営時には、指導員の先生方と協力して運営しました。
だから、指導員の立場にも寄り添うことは可能だと思う。

仕事をしながらの理事ですので、できる範囲は限られます。
ただ、常に相手の立場に立って、運営の一端を担わせていただこうと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 08:32 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。