2017年05月08日

久しぶりの就寝前の絵本

170508.jpg

ゴールデンウィーク明け。
子供達はやはり休みボケ。
いつもよりも目覚めが悪い。
それでもなんとか、元気に登校して行きました。

小学校生活にも、だいぶ慣れてきた次女。
しかし、まだまだ一人ではできないことだらけです。
ただ、友達と遊ぶことだけは、しっかりやっています(笑)

今日も帰ってきて宿題終わったら、速攻で遊びに出て行きました。
託児所時代には考えられなかった行動力です。

それでも、やはりまだまだ甘えたい年頃で、何かと甘えてきます。
お風呂も「いっしょに入ろう」と誘ってきて、私といっしょに入ります。
そして寝るときも、必ず誰かを誘う。

最近は私たちに「まだ眠れないから先に寝てて」と言われて、先に布団で寝ることが多かった。
本当はお母さんといっしょに寝たいのだと思う。
しかし、お母さんが仕事が忙しくて、なかなか次女の寝る時間に帰らないことも多い。
そして私も仕事が詰まったりしていると、ついつい次女をほったらかしにして、仕事をすることも。
気がついたら一人で寝ていた・・・ということも多々あった。

今日も子供達に晩御飯を用意して、私は仕事をしていました。
ちょうど仕事がひと段落した時に、晩御飯を食べ終えた次女。
歯磨きをして寝る準備をしていたので、今日はいっしょに布団に入ることにしました。
もちろん寝かしつけるためです。

ところが次女は、「絵本読んで」とおねだりしてきました。
最近は絵本どころか、いっしょに寝ることが少ない。
次女にとっては、まだまだ甘えたいところ。

そこで、今夜は久しぶりに絵本を読んであげました。
1冊だけの約束で、持ってきたのは「うちにかえったガラゴ」。
バムとケロでおなじみの「島田ゆか」さんの絵本です。

バムケロやガラゴは、息子が幼い時から読んでいて、長女・次女と続いています。
おかげで絵本もボロボロですが、それでも楽しく読んでいます。
ひらがなが読めるようになってからは、自分で声を出して読んでいたりしていました。
でも、やっぱり読んで欲しいのでしょうね。

絵本の読み聞かせが終わると、素直に絵本を戻し、布団に入り込みました。
私が添い寝をすると、10分もかからない内に眠りについていました。
やはり時々は絵本を読んてあげた方が良いですね。
ついつい時間に追われて「今は無理」と言ってしまうことが多いです。

喜んで絵本を見ている次女を見て、反省した父でした。
ほんの10分程度の読み聞かせ。
そして布団に入って10分程度。
毎晩は無理でも、週に2〜3回は読み聞かせしてあげたいですね。

ただ、添い寝はいっしょに寝てしまう可能性があるので、注意が必要です(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。