2017年04月05日

Rainbow復活

170405.jpg
【YouTubeで観ることができるコンサート https://www.youtube.com/watch?v=znXr947_gF4&list=RDznXr947_gF4#t=4

Facebookを見ていると、時々広告や、自分の興味に反映した内容が入り込んでくる。
スルーする内容も多いが、時に思わぬ情報が舞い込む時もある。

今回は嬉しい情報が舞い込んできた。
ハードロックグループのRainbowの情報だった。
Rainbowは1970〜80年代に活躍したハードロックグループ。
ギタリストのリッチー・ブラックモアがリーダーで、メロディアスな旋律と重厚なサウンドが人気でした。

何度か再結成したりしたが、最近はリッチーが奥さんとブラックモアズ・ナイトというグループを結成し、アルバムなどを出していた。
ハードロックではなく、また違ったイメージのグループでした。

もうハードロックのリッチーは見れないと思っていました。
ところが、再びRainbowを結成し、昨年コンサートもやっていたようです。
そのコンサートがYouTubeで見れるようで、思わず釘付けになってしまった。

これまでもRainbowを再結成した時があったが、リッチー以外のメンバーはいない。
Rainbow全盛期の時も、コロコロメンバーチェンジしていたので、リッチー以外のメンバーは誰でもOKなのだ(笑)
そして再結成しようにも、主要なメンバーはもういない。
最高のドラマーだったコージーパウエルも、ヴォーカルのロニージェームスディオもこの世を去った。

今回もやはり、リッチー以外は知らないメンバー。
一瞬、ベースのロジャーグローヴァーがいるか?と思ったがどうも違う。
ドラマーやヴォーカルも若いミュージシャン。
もはやリッチーからすれば、孫と同じくらいの年代差ではなかろうか(笑)

これまでの再結成は、あまり好きではなかったが、今回はヴォーカルは良い。
ヴォーカルの声質がロニージェームスディオと似ているのだ。
目を閉じて聞くと、まるでディオが歌っているようだ。
スターゲイザーなんて、ディオが復活したような歌いっぷりだった。
そしてハイウェイスターやスポットライトキッドなど、ディオ以外のヴォーカルの曲も、しっかり歌いこなしていた。

それにしても、リッチーは歳取りましたなぁ(^^;)
いったい幾つになったんだろう?
少なくとも70は確実に超えているよな。

バリバリ現役の頃と比べると、やはりスピード感は無くなりました。
ハイウェイスターのギターソロも、スポッドライトキッドのギターソロも、どうしてももたつき感が否めない。
しかし、リッチー節は健在です。

まさか再びハードロックのリッチーブラックモアは観れるとは思わなかった。
幾つになっても、ハードロックを続けて欲しいですね。
私もまたエレキ弾きたくなった。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 音楽/映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。