2017年03月18日

卒園が近づいている

170318.jpg

卒業シーズンですね。
長女の小学校も、昨日卒業式でした。
長女も2年後には卒業するのですね。
早いものです。先日入学したような気がするのに。

そして次女が今度は小学校に入ります。
その前に、託児所の卒園が待っている。
来週月曜の祝日の日に、卒園式があります。
子供達は一生懸命、卒園式で言うお礼の言葉を覚えたり、保護者に披露する劇の練習をしています。

次女なんて、本当についこの前、おぎゃ〜って生まれたような気がする。
あっという間に大きくなって、いよいよ卒園の日が迫ってきました。
子供の成長は早いです。

卒園式は月曜日ですが、卒園式が終わっても、今月いっぱいは託児所に行きます。
今月末がいよいよ最後の託児所となる。
託児所には本当に長い間お世話になりました。
息子がお世話になってから、約18年間お世話になりました。

息子が入所した頃から、ずっと託児所にいる先生がいます。
私と同じ歳ということもあって、よく話をします。
託児所は保育士学校を卒業した若い先生が入ってきます。
そして2〜3年勤務したら、大方退職されます。

そんな中、残っている先生は少なく、息子がいた頃から残っている先生は、託児所の中心的存在となっています。
息子が年長の時も、長女が年長の時も、その先生が担任をしてくれました。
次女は担任を受け持ったことはありませんが、いつも気にかけてくれる先生です。
今日も託児所で会った時に、「いよいよ終わりですね〜」と話しました。

しかし、実感が湧きません。
さすがに17年間も通っていると、もう日常の一部になっています。
子供達は卒園しても、下の子がいたら、親は託児所に向かう。
息子が6年、長女が6年、そして次女が6年と、ずっと送り迎えをしてきた。
息子の卒園と、長女の入所の間に、数ヶ月のブランクがあるが、それもわずかなもの。
感覚としては、ず〜っと通ってきた感じです。

次女の卒園と同時に、私も卒園する感覚です。
とはいえ、最後の託児所の日まで、まだ2週間ほどあります。
次女には最後まで託児所を楽しんでほしいですね。
今担任をされている先生も、この春で退職です。

今後会う機会も滅多に無いでしょう。
次女も大好きな先生です。
最後まで、先生との思い出を作ってほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。