2017年02月27日

森友学園問題に思う

170227.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から http://www.sankei.com/west/photos/170227/wst1702270067-p1.html

このところ、テレビで取り上げられている森友学園問題。
野党側は、安倍総理がこの問題に関わっているように追求をしています。
しかし、どう考えても、一国の総理がこんな学園に関わるわけがない。

そもそも問題なのは、本来9億の売却予定が、ゴミが大量にあるというだけで、なぜ8億円もディスカウントされたのか?
野党側はそこに与党議員の関わりがあったのでは?と考えているようです。
確かに不自然な価格であり、なんらかの取引が行われた可能性は否定できない。

それなら、もっと調べて確実にわかってから質疑をしてはどうか?
今はまるで、無理やり安倍総理が関わっていたと、結論付けたいがために質問をしているように見える。
一番の問題は、国有地が不当な値段で売却された可能性があること。
なぜそのような価格になったのか?誰が最終判断をしたのか?
そこを明確にすべきです。

さらに解せないのが、この問題と教育内容の問題をごっちゃにしようとしていること。
森友学園の教育に、教育勅語が取り入れられているとして、それを問題視する声もある。
そもそも教育勅語の何が問題なのか?
ちょっと教育勅語の内容を抜粋してみます。

---<参照 明治神宮サイトより http://www.meijijingu.or.jp/about/3-4.html>------------------------------------------------
【教育勅語の口語文訳】
 私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。 

  国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。

  このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。
-------------------------------------------

この教育勅語が敗戦後は問題として、教育の場では使われなくなった。
おそらく「非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません」の部分が問題視されたのでしょう。
でも、ごくごく普通のことですよね。

話が教育勅語に行ってしまいましたが、これを問題とするのはどうだろうか?
確かに「安倍総理頑張れ」と、園児たちに言わせるのは行き過ぎだと思う。
でも、教育勅語を敵対視するのはおかしいと思う。

教育の現場に政治を持ち込むなとの声もあるが、では日教組はどうなのだ?
どうどうと政治活動をして、教壇に立っている教師がいる。
日本は戦争をした悪い国だと、何十年と生徒たちに嘘を教えてきた。
私もそうして育った世代です。

森友学園の教育が問題と言うのなら、これまでの教育も問題視されるべき。
愛国心を求める教育は悪で、日本を戒める教育は善と言うのは、あまりにもおかしすぎる。
中国や韓国の批判をしたらヘイトと呼ばれ、日本死ねと発信したら流行語大賞に選ばれるのと同じ。

森友学園の土地価格の問題も、森友学園だけを問題視している。
朝鮮学校も格安の金額で土地借用したり、購入したりしている事実がある。
また朝日新聞社や読売新聞社も、国から格安で土地を購入しています。
そこには全く触れず、森友学園だけを標的にする。

つまりは森友学園の教育方針が、安倍総理の理念と同じだから、徹底的に叩く。
そして、その延長線上で、安倍政権を批判する。
こんなの単なる嫌がらせではないのか。

こんなことばかりやっているから、野党は支持されない。
そしてマスコミも信用されないのです。
一方だけを批判し、もう片方は目を瞑る。
そんなことばかりやっていたら、いずれ誰からも信用されなくなります。

いや、もう十分に信用されていないか。
健全な野党がないと、健全な与党はできません。
野党の劣化はそのまま日本の政治の劣化です。
民進党に変わる、まともな野党が必要ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。