2017年01月21日

サタデーナイトは映画鑑賞

170121.jpg

急ぎの仕事のため、娘たちの剣道は、送迎だけにして、家に戻って仕事をしました。
いつもなら、土曜日は4時には仕事を止めて、そこから剣道の稽古へ。
帰ってきて、お風呂はいってご飯食べ終えたら、もうすっかり落ち着いてしまって、そこから仕事はなかなか難しい。

今日は剣道稽古の2時間、仕事ができたので、随分とはかどりました。
やっぱり2時間は大きいですね。
夜も仕事しようかと思ったのですが、だいぶ進んだし、気分転換も必要と思い、映画鑑賞することにしました。

子供達は明日も早いので、早々に寝かせ、夫婦で映画鑑賞です。
昨年の秋に、以前から欲しかっらソファーを購入したので、これまた以前から憧れていた「ソファーに埋もれて映画鑑賞」を実行しました(笑)

しかし、私たち夫婦以上に、この「ソファーに埋もれて映画鑑賞」を楽しんでいるのが、娘たちです。
今日も午後から、自分たちが見たいアニメの映画を観ていました。
昨年末に自分たちへのプレゼントとして、Amazonのプライムビデオを観れるFireTVを購入した。
しばらくは内緒にしていたが、一度見せると、もう止まりません。

一応、リモコンは私が管理しているので、勝手に見ることはできない。
しかし、一度見せたら、もう止まりません。
次から次へと、好きなアニメを選んでは見ています。

自分たちへのプレゼントとして、買ったつもりのソファーとFireTV。
しかし、大人は忙しすぎて、ゆっくりと映画鑑賞する時間もありません。
そこで、今夜は時間をとって映画鑑賞することにしました。

今日観た映画は「箱入り息子の恋」
どれを観ようかと、めくっている時に嫁さんが「あ!これ!星野源が出ているやつ」と決めました(笑)
「逃げるは恥だが役に立つ」で星野源にハマった嫁さん。
二人で「箱入り息子の恋」を観ました。

36歳独身天雫健太郎役の星野源は、「逃げるは恥だが役に立つ」と似たようなキャラの設定でした。
恋の相手役は、目の見えない役柄の今井奈穂子役を演じている夏帆。
全く女性に興味を示さない健太郎は、奈穂子に恋をして変わっていく。

単なるラブストリーではなく、いたるところに「クスッ」と笑える要素が盛り込まれている。
最後の終わり方が、何かを感じさせる終わり方でした。
健太郎が点字で奈穂子に手紙を書く。
それを指で読む奈穂子。

笑顔で読む奈穂子だが、最後の文章で、ふいに真顔になる。
そして、戸惑ったような顔から笑顔が滲み出してくる。
ここで映画は終わった。
点字の手紙の内容は出てこなかったので、ここは観る人の主観で捉えられのでしょうね。

なかなか良い映画でした。
また、時間を作って映画鑑賞したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | 音楽/映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。