2016年09月11日

町内会親睦会で神戸へ

160911.jpg
【久々の南京町通り、たくさんの人で賑わっていました】

今日は朝から家族でお出かけ。
でも、家族だけではなく、町内会の人たちとバスでお出かけ。
町内会自治会の親睦日帰り旅行でした。

行き先は神戸。
バスでお出かけで、朝からルンルンの娘たち。
コンビニで飴やお菓子など買って、バスが来る集合場所まで向かいました。

私は役員のため、点呼を取ったり、今日の予定を説明したりするため、バスの先頭に座りました。
他の家族は別の席へ。
大型バス2台、総勢70名のツアーです。

神戸について最初に向かったのは、「人と未来防災センター」というところ。
ここは阪神・淡路大震災をきっかけに、防災の知識を学んでもうらおうと作られたと聞きました。
近年、地震だけでなく、様々な自然災害が起きています。
そしてそれは、私たちの住む町にも、当然ながら起こりうることです。

防災の意識を高め、自分たちの町内での取り組みの参考にもなるので、親睦と兼ねて人と未来防災センターを訪れました。
最初に阪神・淡路大震災で実際に被災された方の、ボランティアの講話を聞きました。
印象に残ったのが、地震発生直後に、自分たちで救助活動を行った話。

通常、救助活動はプロに任せるべきもの。
下手に素人が救助に入ると、二次災害が起きる可能性が高い。
しかし、当時はそんな状況ではなかった。
まず、救助が来ない。

町がメチャメチャに破壊された状態ですから、どこから手をつけて良いかわからない状態。
さらに建物崩壊などで、道路もまともに走れない。
そんな時、ご近所同士で「救助活動しよう」という声が上がったそうです。
心に残った言葉「いざという時、助けてくれるのは、遠くの親戚よりも近くの他人」。
まさしくご近所さんとのつながりが大事ということです。

他にも地震発生時の再現映像や、資料の展示、また災害を学べるコーナーなど、様々な内容がありました。
残念ながらあまり時間がなかったので、じっくりと見ることはできませんでした。

その後、昼食のために、バスに乗り南京町通りへ。
そこからは自由行動です。
早速、お店に入ってお昼ご飯を食べました。
なかなか美味しかったです。

集合時間まで、まだ時間があったので、メリケンパークまで足を延ばし、港を散歩してきました。
お天気もよく、たくさんの人たちが、思い思いの休日を過ごしています。
お世辞にも綺麗な海ではありませんが、それでもやはり海の風景と言うのは、心が落ち着きます。

再び南京町に戻り、集合場所でバスに乗り、夕方には戻ってきました。
久しぶりの神戸、そして南京町でした。
家族で神戸に来ることは、めったになく、おそらく娘二人は初めての神戸かも。

今度は異人館などにも行きたいですね。
もうかれこれ20年くらい行っていない。
家族と行きたい場所、たくさんあるのですが、なかなか時間が取れません。
でも、なるべく時間を見つけて行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。