2016年07月31日

初の女性都知事誕生

160731.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

新しい都知事が誕生しました。
やはり予想通り、小池氏が当選を果たしました。
初の女性都知事の誕生です。

私は都民ではないけれど、もし仮に投票権があったとすれば、やはり小池氏に入れたと思う。
小池氏でなければ桜井氏かな。
少なくとも鳥越氏には、絶対に投票しません(笑)

これまでの都知事選は、知名度があって、後出しジャンケンが有利と言われてきた。
その法則に則るようにして、本当にギリギリに手を挙げたのが、鳥越俊太郎氏だった。
これまでの法則で行けば、知名度もある鳥越氏が有利だったはず。
しかし、結果は惨敗。

さすがに鳥越氏が当選していたら、都民は日本中から笑い者にされていたと思う。
それくらい、鳥越氏の立候補はあり得ないものでした。
何せ政策も何もない。ただただ安倍政権への批判。
都政選挙なのに、言っていることが、国政のことばかり。

きっと最初は鳥越氏に期待した人も、あまりにも内容がひどくて、小池氏に流れた可能性はある。
小池氏が自民党公認で出ていたら、そんな票は入ってこなかっただろう。
どこからも支援を受けない形で出馬した、小池氏に無投票が大きく動いたと思う。

逆に鳥越氏は、野党共闘での出馬。
参議院選と同じであるため、民進党から共産党までが同じ。
民進党支持者からすれば、共産党と同じというのが違和感があったと思う。
共産党支持者からしても同じ。
そもそも方向性が違う党が、選挙の時だけ足並みを揃えようとしても、うまくいくわけがない。

そこに加えて、鳥越氏のめちゃくちゃな演説。
追い討ちをかけるように、週刊文春から出た女性問題。
「訴える」と強気の姿勢を見せたものの、自らの口で説明は一切無し。
これじゃ〜誰が見たって、逃げているとしか見れません。

奇しくも舛添氏が、一切説明をせず逃げたのを目の当たりにしたばかりです。
事実と違うのなら、自らの口で事実を述べるだけ。
それをしないと言うことは、事実だからと受け取られても致し方ありません。

さぁ、これで新しい都知事も決まりました。
東京オリンピックも4年後に差し迫っています。
小池氏の旗振りがどのようなものか、期待しながら見守りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。