2016年07月14日

奄美の海が恋しい

160714.jpg
【奄美 ばしゃ山村(用安海岸)の海】

毎日蒸し暑いです。
セミが鳴いて、空には入道雲が浮かび、「夏本番」と言いたいところですが、まだ梅雨明けしていないんですよね。
勝手に気分的に梅雨明けした感じですが、やはり天気は今ひとつ。
カラッとした暑さではなく、蒸し暑さがやはり体に堪えます。

もう奈良に住んで長いのですが、未だに奈良の暑さに体が慣れません(^^;)
毎年夏になると、故郷の奄美大島の海が恋しくなります。
あぁ〜サンゴ礁の海にダイブしたい。

もうすぐ夏休みが始まります。
あぁ〜長女がずっと家にいる。
8月上旬には、息子も帰ってきます。
あぁ〜息子もずっと家にいる。
子供の頃にあんなに楽しみだった夏休みが、大人になると、こんなに苦痛になるとは(笑)
できることなら、子供の頃に戻って、毎日でも海に飛び込みたい。

夏休みは、毎日海で泳いでいたとお思いでしょうが、実はそうでもなかった。
子供だけで海に行くことはできなかったので、夏休みに海水浴したのは、1〜2回程度です。
それ以外は、ずっと釣りをしていました。

中学生になると、ずっと部活でした。
だから、子供の頃に泳いだ記憶というのは、数える程しかない。
それでも少ない記憶の海が忘れられない。

サンゴ礁の中を泳いだ記憶。
波の音、水面に揺れる太陽の光。
光とダンスするように泳ぐ熱帯魚。
今すぐにでも、奄美大島に帰って、海に飛び込みたい。

もっと気軽に帰れる距離だったらなぁ〜。
せめてもう少し、飛行機代が安かったらなぁ〜。
毎年、夏になると思うことです。

今年の夏も、奄美大島の海を思い出しながら、奈良盆地の暑さを耐えるしかありません(笑)
でも、朗報が。
来年から、関西〜奄美間で、格安航空機が飛ぶとの情報があります。
成田〜奄美間は、エアバニラが就航している。
おそらくエアバニラが飛ぶのだろう。

そうなれば、少しは帰省しやすくなるかもしれない。
それでも家族全員で帰省となると、かなりの飛行機代が必要だけど。

奄美の海は無理だけど、せめて昨年のように、熊野の海にでも行きますか。
その前に、早く梅雨明けしてほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。