2016年07月05日

たまにはMacの掃除も

160705.jpg
【導入から1年、初めてカバーを外してみた】

緊急事態から一夜明けて、とりあえず冷静に考えることにした。
死にかけているHDD(ハードディスク)から、データを救出するには、やはりデータ復旧サービスの方が賢明かと思われる。
数千円のソフトで復旧をやろうかと思ったが、物理的な障害の場合は復旧の確率性が下がる。

今回の場合、明らかに物理的な障害なので、下手にやるよりはプロに任せることにした。
とは言っても、いくらかかるのかは診断してみないとわからない。
診断の結果の金額によって、復旧するか否かを決めたいと思います。
本日、復旧サービスにHDDを送ったので、明日には連絡が来ると思います。

とりあえず、今進行中の仕事は、もう一度データを作り直すしかありません。
はぁ〜もう一回同じ作業をすることになるとは・・・(T_T)
まぁ仕方ありませんね。まだMacが使えなくなるよりはマシです。

そのMacもちょっと調子が悪いので、この緊急事態ついでに掃除をすることにした。
よくよく考えたら、MacProを導入して1年になるが、まだ一度も中身を開けて掃除したこと無かった(^^;)
外見だけ見たら、そんなに汚れてもいないし、埃を被っているわけでも無い。
「そんなに汚れていないだろう」
そう思いながら、カバーを取り外してみた。

予想通り、そんなに埃を被っているわけでも無い。
ところがエアーダストで、空気を送り込んでみると、中から大量の埃が。
もう埃というレベルでは無い。真っ黒い綿帽子とでも言うべきか(^^;)
こんな埃どこに入っていたんだ・・・。って感じでした。

これでは調子が悪くなってもおかしくない。
これからはこまめにカバーを外して掃除をしよう(^^;)

本日は急ぎのチラシの仕事を済ませ、もう一つはデータが飛んでしまった学校の広報誌。
晩に校正戻りがあったので、夜な夜なデータ作り直しをしています。
なんとか写真のデータなどは、残しておいたPDFデータが使えたので、思いの外スムーズに作業できています。

もう一件、データが飛んでしまった仕事があるので、こちらも明日、データを作り直します。
仕事以外にも、データが飛んでしまったものがあるので、こちらも時間をみて作り直しが必要です。
デジタルって便利ですけど、データが飛んでしまったら、終わりですね。
便利になればなるほど、何かあった時に困ります。

緊急事態であることに変わりはありませんが、とりあえず落ち着きを取り戻しました。
ひとまず、今進行中の仕事に専念します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:38 | Comment(0) | Macintosh
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。