2016年06月27日

まさにプロッフェショナルな仕事

160627.jpg

NHKで「プロッフェショナルの仕事の流儀」という番組がある。
様々な仕事のプロ達の活躍を紹介する番組。
日頃は見ていないのだが、先日の放送は見たかった。
しかし、見逃してしまった。

その回の内容が、「巨大港スペシャル!日本経済を支えるプロたち〜密着!名古屋港〜」だった。
なぜこの回を見たかったのか?それは、息子の通う学校の卒業生が登場するから。

ビデオ録画しようと思っていて、うっかり録画手続きを忘れていた。
サイトを見ると「毎週月曜日に再放送」と書いていたので、次の月曜日に録画しようと思い、番組表を確認したら違う回の再放送。
よくよく調べたら再放送も終了していた(T_T)

せっかく録画して、息子に見せてやろうと思っていたのに・・・。
どうしても諦めきれないで、再びサイトを覗くと、有料だがオンデマンドで配信されていることがわかった。
そこで早速ユーザー登録して、オンデマンドで視聴することにした。
そしてその内容を、画面で録画しました。
これで息子にも見せれる。

番組の内容は、名古屋港で働くプロフェッショナルな人たちを、4つの職業で紹介していた。
その中の一人が、息子の学校の卒業生。
卒業生といっても、もうかなりのご年配。
息子達から見たら、大大大先輩。

名古屋港で水先案内人として活躍されている方です。
水先案内人とは、大きな海外からの貨物船などを、安全に港に接岸させる仕事。
その港の特性を熟知し、なおかつ大型船の扱いにもなれ、さらに外国人ともコミュニケーションが取れる。
そんな仕事をする、まさにプロッフェショナルな仕事。

大型船は、港に入ってから、水先案内人が来るのを待ちます。
驚いたのが、水先案内人が大型船に乗船する方法。
大型船から縄ばしごが下され、それを登って船に乗り込む。
小さな船から波で揺れる中、縄ばしごに飛び移り、大型船まで登っていく。

普通の人でも危険を伴う。
それを年配の水先案内人が、身軽に登っていくから驚いた。
しかし、本当に危険なことで、過去には転落して命を落とした方もいるらしい。
体力も知力も判断力も、そしてコミュケーションを取る人間力も必要な仕事。

番組を見終わった後、「これは絶対に息子に見せなくては」と思っていた。
先日、帰省した時に「ビデオ見るか!?」と聞いて「見たい」と言ったので、後で見せようと思っていて、すっかり忘れていた(^^;)
まぁ録画してあるので、いつでも見せることはできる。
これを見て、大先輩が凄い仕事をしていることに、刺激を受けてほしい。

息子がどこを目指すのか?
それは息子が決めること。
自分が目指したい方向に向かって、精一杯頑張ってほしいです。

そして私も、プロの端くれとして、自分の仕事に誇りを持てるように、もっともっと頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。