2016年06月14日

AppleのWWDC

160614.jpg

AppleのWWDC(Worldwide Developers Conference)が開催されました。

毎年の恒例行事ですが、今年はハードフェアの情報がなく、ソフトフェアの発表が中心でした。
新しいiPhoneの情報や、MacBookなどの噂がありましたが、結局ソフトフェアの内容で終わりました。
iOS10の発表や、新しいMacOSの発表など。

ハードフェアの発表がないので、地味な感はありますが、期待感の持てる内容もありました。
iOSで言えば、Homeアプリの登場。
Homeは、スマートフォンで家電などを制御するためのもの。

電気のオン/オフから、電動ブラインドやシャッターまで、スマホひとつで操作が可能。
さらにSiriを使って「GoodNight」と言えば、照明が落ちブラインドが降りる。
「GoodMorning」と言えば、ブラインドが上がり、照明が明るくなる。
スマートフォン対応と言われるHomeKit対応製品がなければ意味はありませんが(笑)

他にもPhotos(写真)の機能が刷新されている。
Memoriesという機能が加わり、写真を分類したり、家族の思い出をマイクロムービーにすることができる。
ムービーの長さを選んだり、音楽のイメージを選んだりすることで、懐かしい思い出を短編映画のようにしてくれる。
これまでのスライドショー機能が、よりパワフルになったイメージですね。

他にもいろんな機能が加えられているが、面白いと思ったのが、iMessageの機能アップ。
これまでテキストメッセージ、写真、音声のメッセージのやりとりができたが、その見せ方にも多様性が加わった。
テキストや写真などに、エフェクトをかけて、より面白く伝えることができるようになった。
さらにスタンプまで登場する。
これはもはやLINEに対抗する機能と言っても良い。

ネット上でも、LINEは使いたくないけど、これなら使ってみたい。という声も出ている。
私もLINEは使っておらず、iMessageを多用している。
今回発表された機能は、面白半分で使ってみたい気もする。

そしてこのiMessageを、Androidにも対応させるとの噂も出ています。
そうなれば、ますますLINEのライバルアプリとなります。
まぁあくまで噂ですので、わかりませんが。

しかし、驚いたのが絵文字って世界共通語なんですね。
Emojiと紹介されていてビックリしました。

他にもMacOSも新しくなり、ついにMacでもSiriが使えるようになるようです。
新しいOSの名前は「macOS Sierra」。
今回からMacOSはOSXの表記が消えました。
iOS、tvOS、watchOSに合わせて、macOSという表記になるようです。

最後にもうひとつ気になったのが、プログラミング言語「Swift」学習用アプリ「Swift Playgrounds」の発表。
これはアプリを作るプログラミング言語の「Swift」を勉強できるアプリ。
iPadで、遊びながらプログラムを学べるようです。
以前からアプリ制作にも興味があるのですが、なんせプログラミングって聞くだけで、頭の中がスリープしてしまう(笑)
遊び半分で楽しみながら学べたら、子供でもプログラミングに興味を示しそうです。

いずれにせよ、すべてのものは秋にならないと、正式に使えるようにはなりません。
楽しみに待ちたいと思います。
そして秋になれば、また新しいiPhoneが出てくるのでしょうね。

今のiPhone6Plusも秋で2年になる。
新しいの出たら変えようかなぁ〜(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | Macintosh
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。