2016年05月27日

歴史的一日

160527.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

伊勢志摩サミット無事に終了しました。
そして今回、歴史的な瞬間を私たちは見ることができました。

現役アメリカ大統領が、広島を訪問し、被爆者と面会しメッセージを送る。
戦後71年にして、ようやく原爆を落とした側と、落とされた側の和解ができた感があります。
オバマ大統領も決断するのに、かなりの勇気が必要だったことでしょう。
そして、日本政府も今回の広島訪問に向けて、かなりの努力をしたと思います。

アメリカにとって原爆投下は、戦争を早く終わらせるために必要であったとの認識です。
しかし、明らかに大量虐殺行為であり、非人道的な殺人行為です。
この事実を消すことはできませんし、私たち日本人は未来永劫忘れません。

それでも、現役のアメリカ大統領が広島を訪れ、原爆資料館を見学し、犠牲者に献花して被爆者の前でスピーチをすること。
そして最後は被爆者を挨拶を交わすこと。
これだけのことが、日本にとって、アメリカにとって、そして世界にとって、どれだけ大きな意味を持つことか。

被爆者も決してアメリカに対して、謝罪や賠償を求めているわけではありません。
ただただ、原爆の恐ろしさ、非道さを理解してほしい。
そして、広島・長崎で起きた恐ろしい現状を知ってほしい。
その思い一つだったのだと思います。

だからこそ、今回のオバマ大統領の広島訪問は、大きな大きな意味を持つ。
「核無き世界」を日米ともに認識する第一歩となりえます。
世界に向けて「核兵器廃絶」を発信していく大きな転換期と言えます。

ただ、問題は山積みです。
アメリカが核を廃絶したくても、できない理由があります。
中国・ロシア、そして北朝鮮までもが核を持とうとしている現実。
核兵器廃絶は世界が共通して行ってこそ、初めて意味を成す。

現状でアメリカが核を無くすことは、中国・ロシア・北朝鮮に白旗を挙げることを意味します。
そしてそれは、日本の国防にも大きな大きな問題を投げかけます。
敗戦後アメリカの核の傘に守られてきた日本。
日本が本気で核廃絶を唱えるには、同盟国のアメリカの核を抜きには語れません。

核の傘に守られながら、核兵器廃絶を訴えても、誰も聞く耳を持たないでしょう。
核無き世界とは、核を持たなくても国を守れる世界でなくてはならない。
今の日本には、その国防そのものがありません。
いったい今の自衛隊で、どのように国を守るのでしょう?

オバマ大統領が広島を訪問したことは、大きな大きな意味があります。
しかし、それで終わりではありません。
むしろ始まりなのです。
ようやくスタートに立つことができた。

核兵器廃絶に向けて、日本は今後どのようにして自国を守るのか?
それを国民一人一人が、真剣に考える必要があります。
「話し合いで解決」とか、非現実的な妄想世界に逃げてはいけません。
常に世界は厳しい現実で動いています。

歴史的な日となった、オバマ大統領広島訪問。
これを機に、私たち国民がしっかりと考えていく必要がありますね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。