2016年05月24日

やってることは税金泥棒

160524.jpg

なんだか見ていて情けなくなりますね。

東京都知事舛添氏の釈明会見。
全く質問に答えず「第三者の校正な目で審査します」って、第三者って誰?
そもそもなぜに自分で使ったお金を、覚えていないの?
覚えていないのではなくて、言えないだけでしょうに。

法的には問題なくても、モラルとしては完全にアウトです。
これでよく都知事として言葉を発していたものです。
この人は完全に他人に厳しく自分に甘いタイプですね。

最近の政治を見ていて思う。
本当に国のこと、国民のことを考えて政治をしている政治家が、いったいどれくらいいるだろうか?
皆、口では「国のため、国民のため」と軽々しく言いますが、やっていることは自分のためばかり。
自分の名誉・自分の生活のために、政治をやっている政治屋が多い気がします。

政治に金は付きものです。
権力には金が寄ってきます。
政治家となり、大なり小なり権力を持った時、人は問われる。
いかに私欲を殺して公に生きるか。

舛添氏は全く逆になっています。
私欲のために、公を殺している。
だから法的に問題なくても、都民・国民が納得しないのです。

自分が稼いだお金で、自分のことをする分には、誰も文句は言いません。
税金を使って、それを政治資金として、自分のためにお金を使っているから、誰も許さないのです。
例え法律上問題無いとしても、政治家として、いや大人として、人として失格です。

法的罰則が無いことを、わかっていてやっているから、余計にたちが悪い。
そしてやっていることが、あまりにも姑息でセコイ。
それを問われると、自分の非を認めずに、ひたすら言い逃れをする。
こういう人を「卑怯者」と言うのです。

このまま都知事を続けることを、都民は許すのでしょうか?
例えこのまま言い逃れできたとしても、トップリーダーとしての評価は地に落ちています。
誰も信用しないし、誰も評価しません。
信頼回復しようにも、自分の非を認めていない人間を、誰も信用しません。

自分自身の首を、自分自身で締めていることに気づいた方が良いと思います。
まぁ無理だろうな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。