2016年04月26日

東京オリンピックエンブレム決定

160426.jpg
【写真は毎日新聞Web版から】

東京オリンピックのエンブレムが決定しましたね。
パクリ疑惑から、7ヶ月を経てようやく決定。
私としては、選ばれて欲しいと思っていたデザインだったので、とても良かったです。

4つの案を見た時、最も目を引いたのが採用されたA案でした。
他のデザインが似たような色合いの中、シックな色と渋いデザインが目を引いたのだと思います。
でも、様々なアンケートでは、別の案が人気だったようですね。

最終的に選考メンバーが選んだのがA案。
「別のデザインが良かった」という人もいるでしょうが、これでようやくエンブレムが決まりました。
これから様々なものに、このエンブレムが使われていきます。
徐々に東京オリンピックが盛り上がっていくと良いですね。

次の問題は、やはり国立競技場かな(^^;)
聖火台が無いって、あまりにも初歩的なミスだけど、なんとか日本の技術と知恵を絞って、問題をクリアして欲しいですね。

話をエンブレムに戻します(笑)
今回のエンブレムのデザインを手がけた方は、アーティストの野老朝雄さん。
野老と書いて「ところ」と読むのはビックリでした(^^;)

江戸時代に広まった「市松模様」をモチーフに、デザインされた今回のエンブレム。
形の異なる3種類の四角形を、組み合わせることで、国・文化・思想などのそれぞれの違いを表現しているようです。
野老氏のデザインのテーマが「繋がる」ということで、形の違う3種類の四角形が、繋がってエンブレムの形になっている。

これまでも、いろんなデザインを手がけているようで、ファッション関係から建築関係まで、実に様々な作品を手がけている。
「繋がる」をテーマにしているだけあり、幾何学模様のようなパターンが、中で回転しても、またちゃんと繋がるという、なんとも不思議なデザインです。
一体どうやって作っているんだろう?
これ、イラストレーターのパターンで欲しいです(^^;)

改めて「デザインとは何か」を考えさせられました。
私なんてまだまだ勉強不足ですね(-_-;)
もっともっと頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:17 | Comment(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。