2016年04月21日

今週3度目の伊勢へ。

160421.jpg

今週3度目の伊勢方面へ。

日曜日に伊勢に行き、翌日もまた伊勢に行き、今日は鳥羽まで車で走りました。
なぜこんなに何度も伊勢方面に走ったのか?
実は息子が入院してしまい、何度も伊勢まで走っていました。

先週の土曜日に、急に腰が痛くなったようで、晩には歩けないほどになったようです。
寮生活なので、寮の先生がタクシーで病院に連れて行ってくれたようで、土曜日の晩に電話がありました。
緊急だったので、夜間診療している伊勢の病院に連れて行って、検査入院となったようです。

日曜日に様子を見に病院に行きましたが、その時点でだいぶ回復したようで、なんとか座ることができるようになっていました。
話を聞くと、月曜日の夕方にMRIで検査して結果を見て退院とのこと。
そこで月曜日のお昼過ぎから、再び伊勢に向かいました。

月曜日には、もう歩けるようになり、ほぼ生活には支障はなさそう。
しかし、病院の先生曰く、2〜3日は安静にした方が良いとのこと。
できれば入院を続けた方が良いと言われたが、息子はもう限界でした(笑)

そこで、学校の先生と相談して、自宅療養とさせていただきました。
寮に戻っても安静は難しいだろうし、病院にはもう居たくない。
家に戻れば目も届くし、息子もリラックスできる。

病名は椎間板ヘルニア。
腰の骨と骨の間の軟骨が、なんらかの要因で飛び出して、神経を圧迫することから、足に痺れなどを起こし、酷くなると動けなくなる。
実は私も同じ病気を経験している。
しかも息子と全く同じ時期に。

高校2年生の時に、私も椎間板ヘルニアになっている。
私の場合は、息子のように歩けなくなるほどではなかったが、足に痺れがきて検査した。
その後、社会人になってから、2度ほど歩くのも困難なことになったことがある。
だから息子の状態がよくわかる。

家で3日間安静にしていたので、もう日常生活には支障はない。
ただ、運動はしばらく様子を見ないといけないので、部活はしばらく無理しない方が良い。
後は息子自身が、自分の身体を管理しながら頑張るしかないですね。

今回、息子がこのような状態になったが、学校の先生方がサポートしていただき、本当に助かりました。
タクシーで病院まで連れて行っていただき、状況をすぐに連絡。
緊急だったため、携帯を寮に置いていった息子。
翌日に寮に寄って携帯を取ってから病院に行く予定をしていた。

ところが、突然息子からメッセージが届いた。
どうやら先生がわざわざ携帯を届けてくれたらしい。
しかも、私たちが病院に行った時に、またわざわざ様子を見にきてくださいました。
休みの日曜日に、二度も病院に足を運んでくれた先生。
本当にありがたいことです。

今日も朝から電話をいただき、送って行く時間を伝えると、寮で待っていてくださいました。
息子の状況を伝え、元気そうな息子を見て安心していました。
また、寮生たちも息子を見ると「おう大丈夫か?」と声をかけてくれていました。
先生にも同級生や先輩にも恵まれていると感じた瞬間でした。

しばらくは息子の状況を確認しながら、様子を見守るしかないですね。
若いので、自分の身体を調整しながら、頑張ってもらいましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。