2016年04月19日

災害時の報道に思う

160419.jpg

なかなか地震が終息しない九州・熊本地方。
本当に被災者の方々は、気が休まらない。
避難所での生活は想像以上に心身ともに疲れると思う。
そこに立て続けに起こる地震。
本当に本当に、もう終わりにしてください。と神様に願うばかりです。

日々の被災地の様子を、毎日テレビが伝えています。
しかし、テレビから伝わってくるのは、「大変だ」ということだけ。
いつも思うのですが、取材して得た情報を、もっと活かせないものだろうか?
大変な状況を、ただ発信するだけでなく、いろんな情報をまとめてくれたらと思うのですが。

どうも報道合戦になっていて、各局、自分たちのことしか考えていない気がする。
報道するのが使命であることはわかる。
しかし、その前に人として考えるべきではなかろうか?
被災地には、被災した多くの方々が、協力し合って頑張っている。
水や食料など、生活で必要なものも、協力し合って頑張っている。
そこに報道するために、よそ者が入り込んでくる。
被災者からすれば、よそ者なのだ。

先日、ネットで騒がれた事案がある。
ガソリンスタンドで給油のために、列を作っていた車の前に、テレビ局の取材者が割り込んで給油をしたとの情報がネットで拡散された。
ネットの情報なので、真意を見極める必要性があるが、しばらくしてネットニュースにもこの記事が出た。
そしてテレビ局が謝罪のコメントを出した。

どうやら本当だったようだ。
何を考えているのだろう?
現地の方々が、不便な思いをしながらも、ちゃんと列を作って並んでいるのに、よそ者が割り込んでくる。
それもテレビ局と一目でわかる取材車で。
自分たちは特別だとでも思っているのだろうか?

他にもネットで取材レポーターが、お弁当の画像をアップして批判を浴びた。
どうも、自分の食事を確保するのに苦労したようで、「ようやく本日の食料ゲット」と、写真付きで投稿したようだ。
しかし、現地ではなかなか食料が手に入らない。お弁当を食べたくても食べれない被災者が大勢いる。
そんな人々を差し置いて、自分だけはお弁当を食べる。
しかもそれを、ネットで公開する。

思うのは、人としての配慮、被災者を想う心が全く無いということ。
被災地に足を踏み入れるのであれば、自分の食事やガソリンくらいは、自前で持っていくべき。
被災地のものは、被災者の方々のものです。
それを奪い取るような行為であるということを、全く分かっていないのでしょうね。

災害が起きた時の、マスコミの取材には、規制を設けた方が良いと思います。
各社競うようにして、取材を繰り広げていますが、それが逆に被災者の方々を苦しめていることにもなる。
ヘリコプターでの撮影も規制をした方が良い。
救助活動を写すヘリは、救助の妨げになっているとの話もある。

倒壊した建物から必死で助けを求める被災者の声が、取材ヘリの音によってかき消されるとの指摘もある。
ヘリコプターの音って凄い音です。
生死の境目で、絞り出すように助けを求める声を、消し去る取材ヘリの音は、殺人行為だと言っても過言ではない。
まずはこのあたりから規制すべきだと思います。
今後はヘリからドローンへ切り替えさせるべきでしょう。

マスコミのあり方が問われています。
被災地の取材では、「大変だ」ということしか伝わらず、被災地にとっては何のメリットもありません。
むしろ被災地に負担を強いている。
被災地の情報は、被災者自らが発信するSNSを主としたネットの方が正確だ。

これを機に災害時の報道のあり方を協議してもらいたい。
マスコミだけに任せるのではなく、政府も力を入れてほしい。
災害時に一番大切なのは、人命を守ることです。
情報は現地からの情報が一番的確。
その情報をマスコミが伝える方が良い。

そのような法案を是非作ってほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。