2016年03月24日

イラストの中の隠しアイテム

138お家へ帰ろう.jpg

先日、久しぶりにネットショップから注文が入りました。
それもなぜかカレンダー。
もう3月もそろそろ終わりだというのに、なぜかカレンダーの注文が入ったのか?

ご注文いただいたお客様のコメントには、気に入ったカレンダーが見つからず、結局数字だけのカレンダーを使っているとのこと。
そこで見つけた私のカレンダーを気に入っていただいて、ご購入に至りました。

そして同時に別の方から、イラストの注文が入りました。
不思議なことに、ひとつ注文が入ると、立て続きに注文が入ります。
お客様がお客様を呼ぶのか?注文が続くことが多いのです。
今回も、このカレンダーを皮切りに、イラスト、ポストカードと、4人のお客様がご購入いただいています。
本当に不思議な現象です。

ご注文いただいたイラストは、「お家へ帰ろう」というイラスト。
このイラストは、一番人気です。
他のイラストは、売れていても2〜3枚ですが、このイラストは8枚ほど売れています。
売れていると言っても、この程度ですけどね(^^;)

それでも一番人気のこのイラスト。
私自身も好きなイラストのひとつです。
以前も、このブログでつぶやいたと思うのですが、このイラストは私が住んでいる街をイメージしたものです。
ちょうど託児所のお迎えから帰ってきて、家に向かう道のイメージをイラスト化したもの。

「お家に帰ろう」というタイトルも、私自身がお家に帰る時のイメージです。
だからこそ共感していただけるのかもしれません。
今回ご購入いただいたお客様も、とても気に入って喜んでいただけたようです。

このイラスト、実は隠しアイテム的な部分があります。
ポストカードでは解らないと思いますが、A4イラストならかすかに解るかもしれません。
道の両脇に並ぶ家々。
その右奥の家の中に、シルエットがあります。

拡大したものを見てみましょう。
家の窓の明かりに、シルエットが描かれています。
よ〜く見ると、お父さんが赤ちゃんを抱き上げているシルエットなのです。

160324-1.jpg

160324-2.jpg

仕事から家に帰ってきて、赤ちゃんを抱き上げる。
家に帰る喜びは、待っている家族がいること。
それを表現したくて、この隠しアイテム的なシルエットを入れました。
そして家族の温もりをイメージして、その家族感を猫の親子で表現した。

このイラストも含め、私のイラストをご購入いただいたお客様に、家族の温もりを含め、ささやかでも幸せがあることを祈りたいと思います。
そして私自身も、もっともっと喜んでいただけるイラストを描いていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。