2016年03月23日

今頃インフルエンザの嵐

160323.jpg
【託児所から見た夕焼けが綺麗でした】

暖かい日が続き、すっかり春模様。
桜の開花も秒読み段階となりました。
子供達も元気に走り回る季節です。

しかし、次女の通う託児所では、今、子供達が登所していません。
託児所に来ているのは、ほんの僅か。
今日も次女のクラスは、次女一人だけでした。

何と今頃インフルエンザが猛威を振るっているのです。
世間的にはすっかり峠を越えて、過去のものになった今年のインフルエンザ。
しかし、託児所ではタイミングがずれて、今大流行しています。

先週の日曜日は卒園式だったのですが、卒園児も半数がインフルエンザになってしまい、半分しか卒園式に出られなかったようです。
そして年長さんのきりん組と、次女のクラスの一つ下の、ぱんだ組さんがクラス閉鎖となってしまいました。
そのため、託児所で預かる場合は、インフルエンザが移る可能性があることを、承諾するためのサインが必要となりました。
昨日、私もサインをして、拇印を押して来ました(^^;)

そして今朝、登所したら、次女のクラスのくま組さんは、次女一人。
年長さんのきりん組さんも、たった一人。
おそらく託児所全体でも、数名の子供しかいなかったのではないでしょうか。
次女も「誰も来なかった」と寂しがっていました。

今週はきっとこんな感じなのかもしれません。
賑やかなハズの託児所が、まさかの状態です。
ありがたいことに、次女は元気ですが、いつ移ってもおかしくないので、最悪の場合も想定しておかないといけません。

くま組さんでいられるのも、あと1週間です。
くま組さんの先生は、担任の先生も、サブの先生も今年度で退職します。
つまり、残り1週間しか一緒に過ごせません。
それなのに、インフルエンザの嵐とは。
なんとか終息に向かってほしいと思います。

帰り際、西の空が美しい夕焼けに染まっていました。
美しくもあり、少し寂しくもある。
残りの1週間。インフルエンザを吹っ飛ばして、桜の下で先生たちと、最後の思い出をいっぱい作ってほしいですね。

posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:20 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。