2016年01月30日

懐かしのMacシステム

160130.jpg

気がつけば1月がもう終わります。
昨年末の忙しさから比べたら、少しはマシになったのですが、それでもあっという間にひと月が終わりました。
こりゃ〜今年も一瞬で終わりそうな気がします(^^;)

少し仕事が落ち着いたこともあり、午前中は最近お知り合いになった印刷屋さんへ向かいました。
昨年末に、これまた日頃お世話になっている、別の印刷屋さんの方から紹介いただいた方。
実は家がすぐ近くで、印刷工場も同じ校区内です。

お仕事をいただいて、データのやり取りをするようになり、「一度来てほしい」という話になりました。
というのも、使っているMacが古くて、今の情報も含めて教えてほしいとのことでした。
ご夫婦で営んでいる印刷会社で、規模は小さいですが、もう30年以上頑張って続けておられます。

ご主人が営業して、奥さんがデータを作っています。
そのため、説明をするのは奥さんになる。
口頭で説明するだけでは、うまく伝わらないと思い、iMacを持っていって実際の状況を見てもらいました。

印刷屋さんの環境はPowerMacG4でシステム環境はOS9のまま。
思わず「懐かしい〜」と叫びそうになりました。
もう15年くらい前のシステムのままです。

ご自身でデータを作ったりするだけなら、このシステムでもなんとかなる。
しかし、今回の私との仕事データのやりとりもそうですが、データのやりとりをすると、問題が起きてくる。
あまりにもシステムに違いがありすぎて、データが開かなかったり、不具合が起きてくる。

そこで最新の状態を見てもらい、さらにシステムを入れ替えると、どれくらい必要か説明しました。
ただ、Macを触っている奥さんは、新しい環境になって、やっていけるか不安なようです。
それはそうですよね。今まで馴染んでいたシステムの方が使い易い。
私なんぞは新しいもの好きなので、どんどん新しい物を取り入れます。
しかし、そうでなければ、極力仕事環境は変えたく無いもの。

今回お邪魔して、いろいろと説明をさせていただきました。
今後、二人で相談してどうするか決めることと思います。
久々に古いシステムのMacを見て、懐かしく感じたのと同時に、そのシステムすら新しいと感じていた時代があったことを、思い出しました。
私もそれだけ長く、この仕事に携わってきたと言えます。

Macを知ってかれこれ20年以上。
最初に購入したMacはプリンターなど入れたら、全部で100万くらいしたものでした。
それでもロースペックなMacです。
私が今使っているようなMacだと、下手すりゃ200万・300万って時代だった。
本当に世界が変わったと思います。

私もまだ当分はこのお仕事を続けます。いや、できれば生涯現役でいたい。
歳を取っても、おじいちゃんになっても、最新のMacにワクワクしながら、仕事できたら良いですね。
20年間で大きく変わったMac。
これから20年後、どうなっているのでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | Macintosh
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。