2016年01月27日

零戦が日本の空を飛ぶ

160127.jpg
それにしても美しい【写真は産経ニュースWeb版から】

零戦が日本の空を飛ぶ。
70年前の話ではなく、現代の話。
それも映画などではなく、戦時中に飛んでいた零戦が、実際に日本の空を飛んだ。

1970年代にパプアニューギニアのジャングルで発見され、購入したアメリカ人の手によって復元されたらしい。
その後、現在はニュージーランド在住の石塚政秀氏の所有となり、今回の飛行につながった。
実際に飛んでいる零戦をみると、なんとも不思議な感覚です。
私たちが知っている零戦は、当然戦時中のもの。
映像として残っているのは、モノクロの早送りしたような当時の映像。

どうしても戦時中の映像ばかりなので、零戦が撃ち落とされていく映像ばかり。
だからなのか、零戦に対してのイメージが、あまりよくない。
そこに戦後の風潮が重なり、零戦は「悪」のイメージすらあった気がする。

しかし、そんな零戦が日本の空を飛ぶ姿の優雅なこと。
本当に美しいし、素直にカッコイイと思う。
70年以上も前に、この素晴らしい飛行機を作り出した先人たちの技術力と努力に感服する。

昨年のMRJの初飛行に続き、今度は70年前の日本の技術の結晶である零戦の復活。
日本の航空界は明らかに動き出していると思う。
これからどんどん空を飛ぶ技術に力を発揮してほしい。

本来、この零戦の飛行は昨年行う予定だったようです。
しかし、「戦争美化と批判を受けかねない」と、スポンサーが集まらなかったとか。
やはりそんなことを気にするのですね。
確かに一部の人間はいるでしょう。
でも、多くの日本人は、零戦の技術に誇りを持つと思う。

確かにこれまでは「神風特攻隊」などの、悪いイメージしかなかったかもしれない。
しかし、零戦を作り出した高い技術は、戦争とは別に考えてほしい。
なぜアメリカが戦後の日本に飛行機を作らせなかったのかが、よく解ると思います。
アメリカは本気で日本の航空技術を恐れていた。

これからは日本の技術で作られた飛行機が空を飛ぶ時代です。
もっともっと、日本製の飛行機が作られていくことを期待します。
そして零戦も現代の技術で蘇らせてほしいですね。
もちろん戦闘機としてではなく。

数機だけでも良いので、零戦を復活させて、航空自衛隊のショーなんかで使ってほしいです。
ブルーインパルスのショーも素晴らしいけど、零戦による優雅なショーなんかも見てみたい。
零戦の本当の復活を強く望みます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。