2016年01月25日

10年ぶりの優勝は嬉しいが

160125.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

テレビでは大寒波と大相撲の話で盛り上がっています。
日本人(日本出身)の力士の優勝が10年ぶりということで、かなり盛り上がっているように感じます。
琴奨菊の優勝には素直に「おめでとうございます」と言いたいのだが、個人的に騒ぎすぎのような気がする。

そりゃ〜10年ぶりの日本人力士の優勝ですから、喜びは当然だと思います。
でも、そんなにメディアで大々的に取り上げることでしょうか?
まるで昨年のラグビーの勝利の時のようです。

相撲って日本の国技ですよね。
それなのに、10年間も日本人力士が優勝できず、モンゴル勢にやられっぱなし。
まずはその反省が先ではないでしょうか?

いえ、琴奨菊の優勝は素直に祝ってあげたい。
ただ、やたらと騒ぎすぎだと思う。
もっと、淡々と祝うことはできないのだろうか?

この騒ぎをモンゴル勢の力士はどんな気持ちで見ているでしょう?
「なんだどんなに頑張って横綱になっても、所詮は日本人じゃないとダメなのか」
そう思われても仕方ないと思います。

メディアが騒ぐからなのか、琴奨菊の態度もチャラく見えて仕方ありません。
もっと力士らしく、大関らしく、どんと構えて欲しいです。
琴奨菊個人の性格なのかも知れませんが。
まぁ乗りの良いお相撲さんといえばそれまでだが。

日本の国技なんだから、日本人が優勝して当然のハズである。
それなのに「10年ぶり」と騒ぐのは、むしろ恥ずかしい気がしてならない。
いや別に文句つけるわけじゃない。
素直に琴奨菊の優勝は嬉しい。
ただ本当に騒ぎすぎだと思う。

もっともっと日本人力士には頑張ってもらいたい。
日本の国技がモンゴルの国技みたいになっている大相撲。
はしゃぐ前に反省が先でしょうに。
これでまた、10年間、日本人力士が優勝できなかったら、目も当てられませんよ。

せっかくの琴奨菊の優勝に水を差すようなつぶやきになってしまいました。
琴奨菊には来場所も頑張ってもらって、ぜひ綱取りを目指してほしいと思います。
それが、未来の日本人力士を育てると思う。
琴奨菊のためにも、周囲はあまり騒がないほうが良いと思うのです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。