2016年01月03日

息子のギター熱

160103.jpg

元日、二日目と、外に出ていたので、今日はずっと家でゴロゴロお正月でした。
息子だけは、友達と遊ぶ約束をしていたようで、1日遊んできたようです。
娘たちは昨日買った物や、いろんなおもちゃで遊んでいました。

嫁さんは家の片付け。
私は自分のサイトの調整をしていました。
仕事が始まると、なかなか自分のサイトまで手が回りません。

そしてもう一つやろうと思っていたこと。
それはギターの弦の張替え。
もう随分と長いこと、ギターの弦を張り替えていない。
おそらく半年くらい張り替えていなかったと思う。

ただし、半年くらいまともにギターを弾いていないのも確か(笑)
なので弦そのものは、そんなに劣化していないと思うのだが、年も明けたことだし新たな弦に張り替えた。
そして張り替えたもう一つの理由。
それが息子です。

帰省してからというもの、なぜかピアノを弾いていた息子。
暇を見つけては電子ピアノにヘッドフォンをつけて弾いていた。
もちろん息子はピアノを弾けない。
ピアノを弾けるようになりたいと思ったのか、暇さえあればピアノを弾いていた。

ところが、大晦日の辺りから、こんどは「ギターって難しいの?」と私に聞いてきた。
私が「まずはコードを覚えることだな」というと、早速私のギターを借りて、コードを覚え始めた。
本人曰く「何か一つ楽器が出来るようになりたい」とのこと。

16歳、ちょうどバンドなどに憧れる年代。
息子も何に感化されたのかわからないが、突然ギターを手にした。
最初はピアノを・・・と思ったのだろうが(笑)

私がギターを弾き始めたのは14歳。
4つ上の姉が、高校で男子生徒が弾く、長渕剛を見て感化された。
私に「あんたも男だったらギターの一つくらい弾け」みたいなことを言われ「やったろうやないかい」みたいなノリで始めたのです(笑)

コードを覚えて、何か一つ曲が弾けるようになるには、やはり2〜3週間は練習が必要。
頭でコードを覚えても、指が覚えていないと、スッとコードチェンジできない。
指でコードを覚えるようになるまで、しばらく時間がかかるでしょう。
しかし、息子は7日には寮に帰ります。

息子のギター熱がいつまで続くのかわかりません。
今度帰省してくる頃には、もうすっかり醒めているかも。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(0) | 音楽/映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。