2015年12月10日

エア・フローティング・メディアVol.9のご案内

133Deep Blue Christmas.jpg
【今回動画化したDeep Blue Christmas】


【前回動画化したクジラのゆめ】

今年の夏に「エア・フローティング・メディアVol.8」に出展して、「クジラのゆめ」の立体パラパラマンガをやりました。
クリスマスの時期に「エア・フローティング・メディアVol.9」があると聞いていたので、参加する気持ちでいました。
そして案内が来て、今度は動画での作品と聞き、何とか提出期限までに間に合うように頑張りました。

無事、本日作品を提出できました。
動画での制作だったので、ちょっと不安もありましたが、何とか提出。
動画形式の違いもあり、最後は実行委員会の方で、動画変換をしていただいたようです。
この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

今回はクリスマス寸前ということで、クリスマスカードから立体映像が飛び出すものと、隠れサンタクロースと題して、それぞれの作者のサンタクロースが動画で登場します。
私もそれぞれに作品を提出いたしました。
クリスマスカードの方は、イラスト作品133のDeep Blue Christmasを動画にしました。
そして隠れサンタクロースには、黒猫りっちー君を動画化しました。

もともと、イラストを描く時は、物語の1ページを切り取ったイメージで描くことが多い。
だから動画にするイメージはすぐにできていました。
問題はそれをどう制作するか?でした。

これまでもFinal Cut Proを使ってムービー制作はやっています。
しかし、それは結婚式のスライドだったり、学童の修了式に流す一年間の思い出だったり。
基本は写真を使って作るもの。
今回は自身のイラストを動かす必要ある。

完全なアニメにするには、時間もなければ技術もない。
そこで、動かないイラストをベースに、動く要素を付け加えることにしました。
Deep Blue Christmasのイラストは、サンタを待つクマの兄妹に、サンタクロースがやって来て、森の木をクリスマスツリーに変える内容。
それを動画にすることにしました。

動く要素はサンタクロースと雪とクリスマスツリー。
雪は動画素材の雪を使いました。
雪が動いて降ってくるだけで、それだけで動画に見えます。
そしてサンタクロースをシルエットで動かす。

画面左から右へ、サンタクロースが横切った後、外に並ぶ雪だるまキャンドルの炎が揺らめきます。
そして遠くに、再び画面右から左へサンタクロースが横切っていく。
大きな木の後ろを横切ると、その木がクリスマスツリーとして輝き出す。
こんな動画にしてみました。

実はこの動画、以前からやってみたかったことの一つです。
自分のイラストを動かしてみたいとずっと思っていました。
今回、偶然にも作品の提出という形で実現できて良かったです。
他にも動かしてみたいイラストはいっぱいあるので、これを機にチャレンジしてみたいと思います。

エア・フローティング・メディアVol.9は12月19日(土)・20日(日)の2日間行われます。
場所はグランフロント大阪ナレッジキャピタル2F ザ・ラボ アクティブスタジオです。
詳細はこちらをご覧ください。
http://floating-media.jp/site/AFME9/

私は20日(日)に行く予定にしています。
また来場者の方の反応を楽しみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。