2015年11月23日

息子の剣道段審査

151123.jpg
【写真は3年前初段審査の時】

勤労感謝の日。
祝日ということで、ゆっくりと寝ていようと思いましたが、なぜに子供って休みの日は早起きなんでしょう?
そういう私も、子供の頃は日曜日だけは早起きしていましたけどね(笑)
朝からテレビ番組を見て、ゲラゲラ笑う娘たちの声で目が覚めました(-_-;)

昨日は鳥羽まで下道で走りましたが、今日は大阪へ。
大教会の月次祭だったので、今日は高速で走りました。
やっぱり高速は楽ですね(笑)

今日まで休みなのですが、なぜ息子が昨日鳥羽へ帰ったのか?
それは、今日が剣道の段審査の日だったからです。
昨日のうちに帰っておかないと、段審査が受けれない。
そのために、昨日鳥羽まで送って行きました。

今日は朝から剣道部の先生に付き添ってもらって、二段の段審査を受けている。
中一の時に初段審査を合格して、三年生の時に二段を受けた。
型審査とペーパー問題があるらしいが、息子はペーパー試験で落ちた。
そして半年後、再度受けるも、再びペーパーテストで不合格。

息子自身、半分嫌になったのか、その時は「もう段審査は受けない」と言っていました。
その後は受験勉強の方に集中していたので、段審査は実際受けていなかった。
部活も終わっていたので、受けようにも受けれませんでしたからね。

中学を卒業して、鳥羽商船に入学し、剣道部に入部してから、再びやってきた段審査。
息子も再度チャレンジする気持ちになったようで、初段の証明書のコピーなどをこちらから送りました。
初段の時と違い、三重県での段審査になるので、まずは三重県剣道連盟に加入しなくてはなりません。
その辺りの費用もあり、いつもの段審査よりも必要経費がかかりました。

前回2回も落ちてしまった息子。
正直、型は自信があったようですが、ペーパーテストを全く舐めきっていたようです。
そこで、今回は帰省していた時も、ペーパーテストを復習していました。

私たちも大教会を参拝しながら、息子のことが気になっていました。
するとお昼ご飯中にメッセージが届いた。
そこには一言だけ「合格」と書かれていました。
なんともそっけないメッセージですが、息子らしいといえば息子らしい。
すかさず「おめでとう」と返信しました。

ようやく二段に合格した息子。
次なる三段に向けて、これからも稽古を頑張ってほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:03 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。