2015年10月27日

一泊二日の東京

151027-1.jpg
【宇都宮の餃子】

151027-2.jpg
【見上げるだけで首が痛くなるスカイツリー】

151027-3.jpg
【高所から見る東京】

151027-4.jpg
【新幹線で帰ります】

151027-5.jpg
【遠くからは綺麗に見えて富士山】

昨夜はつぶやきをお休みしていました。
実は東京に行っていたので、つぶやく事が出来ませんでした。
スマホでつぶやこうと思えば、出来ないこともないけど、お酒も入っていたし、酔っ払って寝ちゃいました(笑)

急遽、東京に行くことになり、昨夜は同級生と私の弟と、三人で飲みました。
正確には東京に行く用事というよりも、宇都宮に行く用事があったのです。
宇都宮まで行って、とんぼ返りすることも考えたのですが、さすがに日帰りはしんどい。

せっかくだから、東京で一泊して、帰ることにしました。
ただ一泊するだけでなく、今日はいつも絵本の仕事でお世話になっている、文芸社さんにも挨拶に行きました。
私の絵本「クジラのゆめ」を出版する時に、お伺いしたのが5年前。
それから一度もお伺いできていない。

その間に、8冊の絵本の仕事をいただいている。
編集者も4人の方とお仕事をさせていただいているが、お会いした事があるのは、私の絵本の編集担当をされた方のみ。
今回、御礼ならびに顔合わせのために、会社へお伺いすることにしました。

さて、なぜ宇都宮まで行ったのか?
それは、奄美から来ていた母と姉が、栃木にいる甥っ子(母から見たら孫、姉の子供)に会いに行くため。
そして甥っ子の運転で、いろんな場所を観光する予定。

しかし、二人で東京駅で乗り継いで、宇都宮まで行くには至難の技。
ましてや母は、足が悪く視力もかなり悪い。
歩くのは、本当に少しずつ少しずつしか歩けない。

そんな母を姉一人で連れて歩くのは不可能。
そこで、私が宇都宮まで付いていくことになったのです。
東京駅で車椅子を用意してもらい、駅員の方に押してもらって、東北新幹線に乗り換えました。
なんとか宇都宮につき、仕事を終えてやってきた甥っ子にバトンタッチ。
そのまま帰るのもなんだし、宇都宮の餃子を食べて東京に戻りました。

東京では、同級生が予約してくれた奄美の郷土料理店で、弟と三人で飲みました。
美味しい焼酎も飲んで、話も弾んで、あっという間に時間が過ぎました。
同級生とはここでお別れ。
弟はまだ飲み足りないようで、その後、ファミレスのようなお店で、二人でワインを飲みました。
弟とも仕事のことや、家族のことなど、いろいろと話ができてよかったです。

今日は文芸社さんを訪問した後は、少し観光をして帰ることにしました。
スカイツリーを見て行こうと、電車を乗り継ぎスカイツリーのふもとへ。
見上げると首が痛くなるようなスカイツリーを、写真におさめました。
せっかくなので、展望台に登ってみようと、チケット売り場を目指します。

ところが、残念なアナウンスが。
「本日は強風のため、当日券の販売は12時25分を持って終了とさせていただきます」
せっかくスカイツリーまでやってきましたが、見上げるだけで終わってしまいました。
でも、少しでも気分を味わおうと思い、隣の高いビルの31Fへ。
レストラン街になっているので、そこから東京の町並みを見ることができました。

スカイツリーのショッピング街でお土産を選び、東京駅へと向かいます。
15:40発の新幹線に乗り、19:30に帰ってきました。
久しぶりの東京を堪能して来ました。
やっぱり時々は、刺激を受けるためにも、東京に行くことが大事ですね。

東京からの仕事を、もっと受けることができれば、月に一度か二ヶ月に一度くらいの頻度で、東京に行きたいんですけどね。
もっともっと頑張ろう。
疲れたけど、仕事の話もできて、観光もできて、良い時間を過ごすことができました。

ただ、留守にしていた間に、仕事が詰まっています。
明日から地獄のような仕事が待っています(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:15 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。