2015年10月25日

Apple Musicに邦楽が増えた

151025.jpg

Apple Musicを利用してから、3ヶ月以上が経ちました。
3ヶ月の無料期間が終了し、有料期間へと入りました。
当初邦楽の種類があまりにも少なく、無料期間だけで解除しようかとも思っていた。

でも、洋楽の種類が多いのと、昔の曲がとても豊富なので、それだけでも良いと思い有料で使うことにした。
せっかくなのでファミリー設定でそのまま使うことに。
でも、やっぱり邦楽が少ないのは寂しいと思っていた。

すると先日、ネットの記事で「邦楽の種類が大幅に増えた」との内容を発見。
「えっ!?うそやん!?」と思いながらもiTunesをチェック。
これまでも、新しいアーティストが追加されていないか、こまめにチェックをしていたからです。

iTunesのNewをチェックすると、確かに新しいアーティストが追加されていた。
真っ先に目に入ってきたのは「乃木坂46」(^^;)
いや、確かに邦楽だけど・・・・。と思いながら、他をチェック。
しかし、あまり知らないアーティストが多い。

「なんだ期待はずれか」と思いながら、プレイリストなどを見ていくと、なぜかそこには有名アーティストの名前がちらほら。
そしてそこに「浜田省吾」の名前を発見。
「きっと浜田省吾の楽曲のオルゴールとかだろ」と思いながらクリックしてみた。

すると良い意味で期待を裏切ってくれた。
なんと、新しいアルバムの「旅するソングライター」が。
他のアルバムも表示されている。
ただし、古いアルバムはない。

浜田省吾以外にも、元ちとせなんかも名前が出てきました。
ただ、曲名が表示されるけど、再生されないものも多い。
これは何かの制限がかかっているのか?
それともバグだろうか?

いずれにせよ、邦楽の種類がぐんと増えたのは嬉しい。
そうでなくても、Apple Musicを使う予定だったので、これは嬉しい誤算。
もっといろんなアーティストが加わってくれたら、もっともっと利用者も増えるでしょうね。

しかし、そうなると、ますますCDが売れなくなりそうです。
もう、すでに音楽はCDで買うものではなく、データで聴くものになりました。
そしてその聴く権利を買う時代になった気がしています。

少し寂しい感じもありますが、いろんな音楽を好きなだけ聴けるというのは、本当に嬉しい。
そして、音を楽しむという意味でも、この方が良いのでは・・・とも思う。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:45 | Comment(0) | 音楽/映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。