2015年10月21日

昭和時代の未来と現代

151021.jpg

facebookやネットニュースで、やたらと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の文字を見かけたので、「何だろう?」と思っていた。
実は映画のバック・トゥ・ザ・フューチャーの設定が、本日2015年10月21日なんだそうです。
つまりはバック・トゥ・ザ・フューチャーの映画を作った段階では、未来の2015年10月21日は映画のような時代だと想像していたのですね。
現実は・・・・かなり無理があります(^^;)

私たちが子供の頃に描いていた未来。
車のタイヤは無く、宙に浮いた状態で走る。
そして電車はレールではなく、透明な筒状のところを走る。
高くそびえ立つ超高層ビル。
そんな未来のイラストを、子供の頃見た記憶があります。

超高層ビルは実現していますが、宙に浮く車は、全くですね(笑)
リニアモーターですら、実現に長い年月がかかっています。
透明な筒状の中を走る電車なんて、夢のまた夢。
子供の頃に見たイラストのような未来は、きっと有り得ない世界なのでしょう。

でも、子供の頃に「こんなことができたらいいな〜」と思ったことが、現実の世界になっているものは多いですよね。
携帯電話なんかも、昔は固定電話しかなかったので、外にいていつでも電話がかけられるなんて夢のような話でした。
そもそも電話を持ち歩く・・・なんて考えられませんでした。

パソコンだってそうです。
私が社会人になった頃は、パソコンではなくコンピューター。
パーソナルコンピューター(パソコン)が出始めたのは、それから数年してから。

その頃はパソコンで絵が描けるなんて夢にも思わなかった。
ましてや音楽を作ったり、ビデオ編集をしたり。
そんなことが自宅でできる時代が来るなんて、本当に夢のようでした。

昭和の頃に夢見ていた未来図は、半分は単なる夢物語。
でも、半分は現実化している。
もしかすると、その当時は誰も予想できなかったものも誕生していると思う。

残念ながら2015年にデロリアンは存在していないけど、近い将来自動運転の車は登場します。
後はタイヤの無い、宙に浮いた車が出来るか・・・ですね(^^;)
できたら凄いでしょうね。

これから10年後の2025年。
20年後の2035年。
数字だけ見ると、もの凄く未来感漂いますが、10年後なんてあっという間です。
果たしてどんな未来になっているのでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:28 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。