2015年06月16日

こんな国会議員なら要らない

150616.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

なんか今の政治を見ていると呆れるばかり。
特に民主党の対応は何?
確かに安保法案は議論の余地がある。
でも、まともに議論しようとしていない。

揚げ足取りばかりしようとして、政府の失敗を引き出すことばかりを考えている。
だから辻元議員みたいな質問になるんでしょう。
マスコミは総理のヤジばかりを問題視している。
確かに総理のヤジも悪い。
でも、そのヤジを引き出すように、作戦を練っていた感が否めない。

本当に国のことを思えば、国民のことを思えば、活発な議論が交わされるべき。
ところが持論を延々と話したり、答弁に対する言葉尻を捉えて、相手をイライラさせているようにしか見えない。
見ていて「仕事しろよ」と言いたくなる。

さらに、派遣労働法の決議で、議長を入れないように暴力まがいの作戦にでる。
しかも決議をさせないように、椅子に座らずに欠席。
それなのに、周りに立ったままでヤジ。

マスコミも総理のヤジは大々的に報じて問題視するが、この小学生以下の暴力まがいのことは、さほど問題視しない。
ほんと民主党ってマスコミに守られていますね。
何やったって大目にみてもらえて良いですね(笑)
でもね。見ている国民は呆れかえっていますよ。

安保法案に話を戻して。
やたら憲法学者の「違憲」発言に、踊らされているようですが、憲法学者の言葉に従わなければいけないのでしょうか?
違憲と言うのなら、自衛隊そのものが違憲です。
憲法9条を守れと言うのなら、日本は全て武装解除して、自衛隊も廃止しなければなりません。

確かに解釈変更で集団的自衛権を行使するのも無理があります。
「憲法違反だ」という学者の気持ちもわかる。
でも、今の現状を見て、そんなこと言っている場合でしょうか?
のんびりと憲法改正している時間はない。
武力行使をするのなら、憲法を改正してからというのは最もです。
それが本来の順序です。

しかし、今はその手続きを踏んでいる時間もありません。
臨機応変に対応するしかないのが実情なのです。
そもそも、おかしな憲法を戦後70年も、全く手を入れず放置してきたことに大きな問題がある。
そして憲法を少しでも触ろうとすれば、「戦争になる」「軍国主義者」と、声を荒げてきたのが、敗戦後の日本の空気だった。
だから憲法問題は触れてはならぬことのような雰囲気が、つい最近までありました。

野党の反対は、現状を見て、それに対処できる対案を示すのではなく、単なる理想論ばかり。
反対のための反対。
だから国民の胸に響かない。
綺麗事ばかり並べられても、目の前に迫り来る危機があるのです。

そんなに憲法9条が素晴らしいのなら、是非とも中国や北朝鮮に勧めてあげてくださいな。
中国や北朝鮮、韓国が憲法9条を取り入れて、武装解除するのならわかります。
日本だけがどんなに平和を叫んでも、お隣の国々は聞く耳持ちません。
その間に、日本から取れるものを取り、願わくば自分たちのものにしようと、虎視眈々と狙っているのですから。

日本国民がわかっているのに、なぜ国会議員がわからない。
あっ、そうか。お金もらっているから、言えないのですね。
そう勘ぐりたくもなりますよね(笑)

いやはや、本当にいい加減にしてほしいです。
国会議員とは名ばかりで、国のためではなく、お隣の国や自分自身のために議員になった人。
そんな風に見える人が多すぎます。
理想論だけ述べてないで、ちゃんと仕事しろ。
それができないのなら、国会議員になんかなるな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。