2015年05月28日

技術を後継してほしい

150528.jpg

子供の頃に憧れていたなぁ〜。
最近はめっきり見なくなったと思ったら、これって手作りだったんですね。
てっきり工場生産のおもちゃだと思っていました。

若い人は知らないですよね「地球ゴマ」。
子供の頃、すごく憧れていたけど、結構なお値段で買えなかった記憶がある。
このメタリックで独特の形、そして何よりも曲芸みたいな事ができる。
細いペン先などに乗せると、その上で回る。
糸を張ってその上に乗せると、まるで綱渡りみたいにコマが回りながら糸を渡る。
子供にとってはまさに夢のようなおもちゃでした。

この地球ゴマが生産中止になるそうです。
工場生産のおもちゃだと思っていたら、僅かの職人の手で作られていたおもちゃだったのです。
ほぼ手作りのおもちゃだったんですね。知りませんでした。
とても繊細な技術がいるらしく、職人の後継者がいなくて、会社継続ができないらしい。

仕方ないと言えばそれまでですが、とても残念ですね。
職人技が途切れてしまうのが、日本の宝を無くしてしまう事になる。
なんとかならないのでしょうか?
残念です。

たかだかおもちゃかも知れませんが、そのおもちゃにも物凄い技術がある。
その技術が途切れてしまうのは、おもちゃと言えどももったいない。
それに自分の子供の頃に憧れていたおもちゃが、消えてしまうのは、昭和の灯火が消えてしまうような気がして寂しい。

会社として継続するのは難しいかも知れない。
せめて技術の後継だけでも出来ないのかな?
工芸品みたいな扱いで、なんとか技術を残してほしいな。
そしていつの日か、地球ゴマ復活となってくれたら嬉しい。

今の時代、子供のおもちゃは、ほぼ電機製品です。
でも、きっと今の子供に地球ゴマ見せたら、夢中になって遊ぶと思う。
大人の思い出のためにも、そして子供達のためにも、なんとか残してほしいと思うニュースでした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。